サッポロのビール工場、温暖化対策に1億円

0
9

サッポロ・ベトナムは11日、温室効果ガス削減を目的に南部ロンアン省にある自社ビール工場で100万米ドル(約1億1,000万円)近くの設備投資を実施したと発表した。日本と途上国との温室効果ガスの排出量取引制度「2国間クレジット制度(JCM)」を活用する。

設備は今年4月から稼働し、生産ラインでの温室効果ガスの排出を二酸化炭素にして年100トン相当以上減らす。

エネルギー効率を高めるとともに液化石油ガス(LPG)消費を抑える設備により、温室効果ガス排出を抑える。サッポロはJCMを活用するベトナム初のビール工場となる。JCMは2013年に日本政府が始めた制度で、ベトナムでもこれまでに多数のプロジェクトに適用されている。ロンアン工場は11年に完成し、サッポロは12年にベトナム市場に本格参入している。ロンアン工場では、同省初となる、排水の自動処理・監視システムを300万米ドルを投じて導入するなど環境対策に力を入れている。

コメントする

© This is source of the article

サッポロ・ベトナムは11日、温室効果ガス削減を目的に南部ロンアン省にある自社ビール工場で100万米ドル(約1億1,000万円)近くの設備投資を実施したと発表した。日本と途上国との温室効果ガスの排出量取引制度「2国間クレジット制度(JCM)」を活用する。

設備は今年4月から稼働し、生産ラインでの温室効果ガスの排出を二酸化炭素にして年100トン相当以上減らす。

エネルギー効率を高めるとともに液化石油ガス(LPG)消費を抑える設備により、温室効果ガス排出を抑える。サッポロはJCMを活用するベトナム初のビール工場となる。JCMは2013年に日本政府が始めた制度で、ベトナムでもこれまでに多数のプロジェクトに適用されている。ロンアン工場は11年に完成し、サッポロは12年にベトナム市場に本格参入している。ロンアン工場では、同省初となる、排水の自動処理・監視システムを300万米ドルを投じて導入するなど環境対策に力を入れている。

コメントする