ベトナム政府は産業、建設を促進することを目指す

0
10

TRINH DINH DUNG 副首相によれば、2018年の産業構造改革計画に基づき、2020年までGDPの30〜35%を産業界および建設部門が占めることを目標という。

この計画は、2016〜20年の産業構造と建設分野を含む経済再編に関する国会の決議を実現することを目指している。 この計画は、産業成長率はGDP成長率よりも高くなければならないと規定している。 全輸出回転率における製造品の割合は85-90%に達するべきであり、産業および建設における労働者は全仕事の25-30%を占めるべきである。

政府は5.5%以上の産業における年間平均生産性成長率を目指している。 また、産業競争力指数でベトナムとアセアン4国間の格差を縮小し、製造業や民間セクターにおけるハイテク産業の数を増やそうとしている。 この計画では、製造業の付加価値成長率を8%から10%に引き上げることも目標としていいる。

政府は上記の目標を実現するために、以下の重要な課題と解決策を提案した。

第一に、生産における先進技術の適用を強化し、産業生産を環境保護と気候変動への対応と結びつけなければならない。 汚染された工場を閉鎖しなければならない間に、工場で廃止された設備を置き換えて排除するロードマップを構築する必要がある。

第二に、最近の自由貿易協定を効果的に活用するためには、織物、皮革、履物、化学薬品、食品、エレクトロニクスなどの価値連鎖を高めて付加価値を高め、グローバル生産ネットワークへの参加を強化しなければならない 。

第三に、国内の鉄鋼産業を発展させるために優先順位を与えるべきである。 植物は環境にやさしい技術を使用すべきである。 小規模な製鉄所や圧延工場、後方技術と資源の非効率的利用を削減し、エネルギーの持続可能な利用を促進しなければならない。

最後に、ベトナムの工業製品と工業企業の貿易促進とブランド開発が促進されるべきである。

コメントする

© This is source of the article

TRINH DINH DUNG 副首相によれば、2018年の産業構造改革計画に基づき、2020年までGDPの30〜35%を産業界および建設部門が占めることを目標という。

この計画は、2016〜20年の産業構造と建設分野を含む経済再編に関する国会の決議を実現することを目指している。 この計画は、産業成長率はGDP成長率よりも高くなければならないと規定している。 全輸出回転率における製造品の割合は85-90%に達するべきであり、産業および建設における労働者は全仕事の25-30%を占めるべきである。

政府は5.5%以上の産業における年間平均生産性成長率を目指している。 また、産業競争力指数でベトナムとアセアン4国間の格差を縮小し、製造業や民間セクターにおけるハイテク産業の数を増やそうとしている。 この計画では、製造業の付加価値成長率を8%から10%に引き上げることも目標としていいる。

政府は上記の目標を実現するために、以下の重要な課題と解決策を提案した。

第一に、生産における先進技術の適用を強化し、産業生産を環境保護と気候変動への対応と結びつけなければならない。 汚染された工場を閉鎖しなければならない間に、工場で廃止された設備を置き換えて排除するロードマップを構築する必要がある。

第二に、最近の自由貿易協定を効果的に活用するためには、織物、皮革、履物、化学薬品、食品、エレクトロニクスなどの価値連鎖を高めて付加価値を高め、グローバル生産ネットワークへの参加を強化しなければならない 。

第三に、国内の鉄鋼産業を発展させるために優先順位を与えるべきである。 植物は環境にやさしい技術を使用すべきである。 小規模な製鉄所や圧延工場、後方技術と資源の非効率的利用を削減し、エネルギーの持続可能な利用を促進しなければならない。

最後に、ベトナムの工業製品と工業企業の貿易促進とブランド開発が促進されるべきである。

コメントする