ラスベガスでベトナム人観光客2人が刺殺された事件

0
12

ワシントン – ベトナムの2人の観光客が、金曜日の朝早く(米国時間)、ラスベガスストリップにあるサーカスサーカスホテルの部屋で刺されることを見つかった。

ワシントンDCの米国のベトナム大使館により、二人の犠牲者がNghia Boi Sang(39歳の女性)とNguyen Ba Khuong(30歳の男性)だ。 夫婦は観光会社Trieu Haoのツアーグループの一員だった。 Sang氏は会社のディレクターでKhuongは同社の従業員である。

ベトナム大使館はラスベガス警察と協力してこの事件を調査しているという。

在米ベトナム大使館は関係機関と協力して、被害者の家族が米国に行き、犠牲者の遺体をベトナムに連れて行くためのビザ手続きを完了させたという。

コメントする

© This is source of the article

ワシントン – ベトナムの2人の観光客が、金曜日の朝早く(米国時間)、ラスベガスストリップにあるサーカスサーカスホテルの部屋で刺されることを見つかった。

ワシントンDCの米国のベトナム大使館により、二人の犠牲者がNghia Boi Sang(39歳の女性)とNguyen Ba Khuong(30歳の男性)だ。 夫婦は観光会社Trieu Haoのツアーグループの一員だった。 Sang氏は会社のディレクターでKhuongは同社の従業員である。

ベトナム大使館はラスベガス警察と協力してこの事件を調査しているという。

在米ベトナム大使館は関係機関と協力して、被害者の家族が米国に行き、犠牲者の遺体をベトナムに連れて行くためのビザ手続きを完了させたという。

コメントする