ロスネフチ、南シナ海で石油掘削=中国反発を懸念-ロイター

0
9

【ハノイ時事】ロイター通信は17日、ロシア石油最大手ロスネフチの傘下企業がこのほど、ベトナムの南東370キロ沖の南シナ海で石油掘削を開始したと報じた。複数の消息筋によれば、現場は中国とベトナムが領有権を争う海域のため、ロスネフチは中国の反発を懸念している。

ロイターによると、ロスネフチは声明で、掘削現場がベトナムの領域との見解を示している。
英BBC放送は3月、スペイン石油・ガス大手レプソルが手掛ける南シナ海での油田開発計画についてベトナム政府が中止を決め、レプソルに作業停止を求めたと伝えた。中国の圧力が背景と指摘された。

コメントする

© https://www.voatiengviet.com/a/khoan-dau-tren-bien-dong-viet-nam-noi-hoat-dong-theo-luat-quoc-te/4399876.html

【ハノイ時事】ロイター通信は17日、ロシア石油最大手ロスネフチの傘下企業がこのほど、ベトナムの南東370キロ沖の南シナ海で石油掘削を開始したと報じた。複数の消息筋によれば、現場は中国とベトナムが領有権を争う海域のため、ロスネフチは中国の反発を懸念している。

ロイターによると、ロスネフチは声明で、掘削現場がベトナムの領域との見解を示している。
英BBC放送は3月、スペイン石油・ガス大手レプソルが手掛ける南シナ海での油田開発計画についてベトナム政府が中止を決め、レプソルに作業停止を求めたと伝えた。中国の圧力が背景と指摘された。

コメントする