【ホーチミン】強盗犯に応戦 市民ボランティア2人死亡

0
11

ホーチミン市3区10街区カックマンタンタム通りで13日20時過ぎ、ひったくり取締隊員の2人が強盗に刃物で殺害されるという凶悪な殺人事件が発生し、市民に大きな衝撃を与えている。

強盗犯4人は、表通りに面するファッションショップの前に停まっていた高級スクーター「SH」のロックを開錠したところ、犯人らを現行犯逮捕するため犯行を秘密裏に見張っていた隊員約8人に取り囲まれた。

犯人らはバイクに乗って逃走しようとしたが、それを阻止されたため、刃物を取り出し隊員に切りかかった。武術で応戦したが対抗できず、隊員2人が刃物で身体の要所を刺され死亡。ほかの隊員3人も刺されて負傷した。隊員の武器の携行は認められていなかった。

同市内で盗難が横行していることを受け、同市警察は2016年にひったくり取締隊を発足した。格闘技に自信があり、社会奉仕に熱心な市民が入隊できる。隊員は、パトロールや窃盗犯の識別、取り押さえなどの訓練を受けた上で警察と協力する。今回の事件を受けて、隊員らにスタンガンなど業務サポート器具を給付して使用権限を与えるよう求める声もあがっている。

コメントする

© This is source of the article

ホーチミン市3区10街区カックマンタンタム通りで13日20時過ぎ、ひったくり取締隊員の2人が強盗に刃物で殺害されるという凶悪な殺人事件が発生し、市民に大きな衝撃を与えている。

強盗犯4人は、表通りに面するファッションショップの前に停まっていた高級スクーター「SH」のロックを開錠したところ、犯人らを現行犯逮捕するため犯行を秘密裏に見張っていた隊員約8人に取り囲まれた。

犯人らはバイクに乗って逃走しようとしたが、それを阻止されたため、刃物を取り出し隊員に切りかかった。武術で応戦したが対抗できず、隊員2人が刃物で身体の要所を刺され死亡。ほかの隊員3人も刺されて負傷した。隊員の武器の携行は認められていなかった。

同市内で盗難が横行していることを受け、同市警察は2016年にひったくり取締隊を発足した。格闘技に自信があり、社会奉仕に熱心な市民が入隊できる。隊員は、パトロールや窃盗犯の識別、取り押さえなどの訓練を受けた上で警察と協力する。今回の事件を受けて、隊員らにスタンガンなど業務サポート器具を給付して使用権限を与えるよう求める声もあがっている。

コメントする