ベトナムの最大手企業であるVinグループは自社が開発したチャットアプリ、「Zalo」のユーザーが1億人を超えたことを発表した。

0
15

「Zalo」は個人間のやり取りだけでなく、企業や政府が情報を発信するためのツールとしても使われている。

2018年5月現在、20以上の地方自治体が住民への情報発信手段として「Zalo」を利用している。

具体的には、北部ではThai Binh省、中部ではQuang Nai省やダナン市、南部ではDong Nai省やTien Giang省、Dong Thap省などが「Zalo」を導入している。

「Zalo」は多くの住民に一斉に情報を配信出来るだけでなく、より写真や文字を使いより具体的に伝えられることが魅力的だ。

さらに利用者は「Zalo」のトップページから簡単にお気に入りの商品を購入することができることも魅力の一つだ。

「Zalo」ではバスの乗り換えや気象情報の閲覧機能があるだけでなく、航空券の購入も可能であり、観光客から高評価を得ている。

ベトナム在住者向けには飲食店のレビューや病院の予約、電子マネーなどの機能がある。

「Zalo」は2012の12月から配信を開始し2013年3月には利用者数が100万人を超えた。

サービス開始から5年と5ヶ月が経過した今月には遂に利用者数が1億人を超えたという。

「Zalo」では毎日平均9億回のメッセージ送受信、5000万分の通話、4500万枚の画像送信などが行われているようだ

コメントする

© https://thanhnien.vn/cong-nghe/zalo-can-moc-100-trieu-nguoi-dung-toan-cau-964999.html

「Zalo」は個人間のやり取りだけでなく、企業や政府が情報を発信するためのツールとしても使われている。

2018年5月現在、20以上の地方自治体が住民への情報発信手段として「Zalo」を利用している。

具体的には、北部ではThai Binh省、中部ではQuang Nai省やダナン市、南部ではDong Nai省やTien Giang省、Dong Thap省などが「Zalo」を導入している。

「Zalo」は多くの住民に一斉に情報を配信出来るだけでなく、より写真や文字を使いより具体的に伝えられることが魅力的だ。

さらに利用者は「Zalo」のトップページから簡単にお気に入りの商品を購入することができることも魅力の一つだ。

「Zalo」ではバスの乗り換えや気象情報の閲覧機能があるだけでなく、航空券の購入も可能であり、観光客から高評価を得ている。

ベトナム在住者向けには飲食店のレビューや病院の予約、電子マネーなどの機能がある。

「Zalo」は2012の12月から配信を開始し2013年3月には利用者数が100万人を超えた。

サービス開始から5年と5ヶ月が経過した今月には遂に利用者数が1億人を超えたという。

「Zalo」では毎日平均9億回のメッセージ送受信、5000万分の通話、4500万枚の画像送信などが行われているようだ

コメントする