携帯でスキャンQRコードのわずか1秒だけが商品起源の情報がわかる!

0
8

オンラインメディアのベトナムネットは、農産品の原産地や食品の製造元、流通ルート確認などの正確性を担保するためには、ブロックチェーン(分散型台帳)技術の導入が解決策になると報じた。ただ、ブロックチェーン技術の導入には多少、時間がかかりそうだという。

ベトナムの消費者は、原産地や製造元がはっきりしない食品のリスクにさらされている。製造元などの情報は農産品に添付されているQRコードで確認できるはずだが、同国のトレースベリファイド社のCEOによると、QRコードは書き換えが可能など問題点が多いという。同CEOは、ブロックチェーンならQRコードの問題点の解消が可能と指摘する。
ブロックチェーン技術は多くの取引参加者がインターネット上で実施した取引記録を共有することで、データの正しさを保つ仕組みになっている。
同CEOはQRコードの問題点として、(1)産品の供給者側が提供する情報を消費者は検証できない(2)野菜の収穫日が異なる場合、それぞれ分けてQRコードを添付する必要があり、関連ある情報を連結する点で劣っている(3)ベトナム人消費者には、QRコードをスキャンして原産地などを確認する習慣が定着していないかを挙げた。

 

コメントする

© https://baomoi.com/chi-1-giay-quet-ma-qr-bang-dien-thoai-co-ngay-thong-tin-xuat-xu-hang-hoa/c/23289594.epi

オンラインメディアのベトナムネットは、農産品の原産地や食品の製造元、流通ルート確認などの正確性を担保するためには、ブロックチェーン(分散型台帳)技術の導入が解決策になると報じた。ただ、ブロックチェーン技術の導入には多少、時間がかかりそうだという。

ベトナムの消費者は、原産地や製造元がはっきりしない食品のリスクにさらされている。製造元などの情報は農産品に添付されているQRコードで確認できるはずだが、同国のトレースベリファイド社のCEOによると、QRコードは書き換えが可能など問題点が多いという。同CEOは、ブロックチェーンならQRコードの問題点の解消が可能と指摘する。
ブロックチェーン技術は多くの取引参加者がインターネット上で実施した取引記録を共有することで、データの正しさを保つ仕組みになっている。
同CEOはQRコードの問題点として、(1)産品の供給者側が提供する情報を消費者は検証できない(2)野菜の収穫日が異なる場合、それぞれ分けてQRコードを添付する必要があり、関連ある情報を連結する点で劣っている(3)ベトナム人消費者には、QRコードをスキャンして原産地などを確認する習慣が定着していないかを挙げた。

 

コメントする