アルコール販売時間で3案を提示、アルコール被害防止法草案

0
10

保健省は13日、アルコール被害防止法の第2次草案の内容を説明する会合を開催した。アルコールの販売時間と自家製アルコールの管理に関する規定に、出席者の関心が集中した。

アルコール販売時間について、最初の草案では「午後10時以降は販売禁止」とされていたが、第2次草案では3つの選択肢を提示している。

第1案は販売時間を「午前11時~午後2時」と「午後5時~午後10時」に限定した上で、国際空港や飲食・娯楽・観光サービスを提供する場所を例外と規定。第2案は「午前6時~午後10時」、第3案は「政府の規定による」としている。

自家製アルコールの生産や販売の管理については、販売目的でない場合は許可を得る必要はないが、生産者は地元当局に原料生産地や生産量、生産方法について申告し、販売しないと約束することが義務付けられる。

保健省法制部のグエン・フイ・クアン部長は「ベトナムでは1年間に約2億7000万Lのアルコールが消費されるが、このうち2億Lは自家製アルコールだ。規制は必要だが、実際には管理は難しい」と本音をのぞかせた。

コメントする

© https://vov.vn/xa-hoi/bo-y-te-dua-ra-3-phuong-an-ve-thoi-gian-ban-ruou-bia-750643.vov

保健省は13日、アルコール被害防止法の第2次草案の内容を説明する会合を開催した。アルコールの販売時間と自家製アルコールの管理に関する規定に、出席者の関心が集中した。

アルコール販売時間について、最初の草案では「午後10時以降は販売禁止」とされていたが、第2次草案では3つの選択肢を提示している。

第1案は販売時間を「午前11時~午後2時」と「午後5時~午後10時」に限定した上で、国際空港や飲食・娯楽・観光サービスを提供する場所を例外と規定。第2案は「午前6時~午後10時」、第3案は「政府の規定による」としている。

自家製アルコールの生産や販売の管理については、販売目的でない場合は許可を得る必要はないが、生産者は地元当局に原料生産地や生産量、生産方法について申告し、販売しないと約束することが義務付けられる。

保健省法制部のグエン・フイ・クアン部長は「ベトナムでは1年間に約2億7000万Lのアルコールが消費されるが、このうち2億Lは自家製アルコールだ。規制は必要だが、実際には管理は難しい」と本音をのぞかせた。

コメントする