ヘルメットの着用はなぜ重要か=AIP財団、小学生らへ交通安全教育

0
6

世界で交通安全の啓発活動を行うAIP財団が主催し、グローバルヘルスケアカンパニーのアボット社が支援する「ヘルメット・フォー・ファミリーズ・プログラム」。このプログラムの一環である“Children Have Fun With Road Safety”フェスティバルが、ホーチミン市クチ県のタン・フー・チューン小学校で開催され、子供たちへ交通安全の大切さを伝えた。

今回で5回目を迎えるこのイベントは、アボット社の支援の下、国家交通安全委員会(NTSC)や教育・訓練省、地域の交通当局の協力によって行われ、子供や保護者に高品質なヘルメットの着用を促すのを目的としている。

フェスティバルには1100人以上の子供たちが参加。従来、AIP財団が学校で行っていた啓発活動を強化した、交通安全ゲームやパフォーマンス、ヘルメット着用のデモンストレーションを実施した。また、こうしたゲームやパフォーマンスに加え、チョー・レイ病院の医師は小学生に対し、高品質なヘルメットを着用する重要性について話した。

今年のヘルメット・フォー・ファミリーズ・プログラムは、学校の職員や保護者、生徒が医療従事者と深く協力し合うことで、交通事故犠牲者に接した彼らから、安全への重要なメッセージを得ることを目指している。クチ県とホクモン県の病院、チョー・レイ病院では、1万5000個以上のうちわが小学生の保護者や来場者(事故犠牲者やその家族)に配られた。

アボット社の広報責任者、ド・タイ・ヴオン氏は「ヘルメット・フォー・ファミリーズは、子供たちとその保護者、地域社会に焦点を当て、交通安全において持続可能な社会を創ることを目指している。それが、アボット社が交通安全教育や意識向上を目指す革新的なアプローチをサポートし続ける理由である」と話す。

こうした医療従事者との取り組みのほか、ヘルメット・フォー・ファミリーズでは、今年度およそ4000個のヘルメットを寄付。また、ヘルメット交換会には876人の保護者が参加し、補助金を活用して低品質のヘルメットを高品質のものに交換した。説明会では、ヘルメットの交換とともに、標準ヘルメットと標準以下のヘルメットの違いや、なぜヘルメットの着用が大切なのかについても指導した。

アボット社は2013年以来、2万1654個のヘルメットを子供や教師へ提供し、保護者に対しては1万4172個のヘルメットを補助金付きで提供している。

AIP財団のMirjam Sidik CEOは、「子供たちは、彼らの友達や家族が交通安全意識を高めるために重要な役割を果たしている」と指摘し、「このフェスティバルのようなクリエイティブな活動は、子供たちが、交通安全を面倒なことではなく、楽しいチャレンジとして捉えるのに役立っている」と続けた。

コメントする

© http://www.n-liner.jp/society/4863-%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E7%9D%80%E7%94%A8%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E9%87%8D%E8%A6%81%E3%81%8B%EF%BC%9Daip%E8%B2%A1%E5%9B%A3%E3%80%81%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%82%89%E3%81%B8%E4%BA%A4%E9%80%9A%E5%AE%89%E5%85%A8%E6%95%99%E8%82%B2.html

世界で交通安全の啓発活動を行うAIP財団が主催し、グローバルヘルスケアカンパニーのアボット社が支援する「ヘルメット・フォー・ファミリーズ・プログラム」。このプログラムの一環である“Children Have Fun With Road Safety”フェスティバルが、ホーチミン市クチ県のタン・フー・チューン小学校で開催され、子供たちへ交通安全の大切さを伝えた。

今回で5回目を迎えるこのイベントは、アボット社の支援の下、国家交通安全委員会(NTSC)や教育・訓練省、地域の交通当局の協力によって行われ、子供や保護者に高品質なヘルメットの着用を促すのを目的としている。

フェスティバルには1100人以上の子供たちが参加。従来、AIP財団が学校で行っていた啓発活動を強化した、交通安全ゲームやパフォーマンス、ヘルメット着用のデモンストレーションを実施した。また、こうしたゲームやパフォーマンスに加え、チョー・レイ病院の医師は小学生に対し、高品質なヘルメットを着用する重要性について話した。

今年のヘルメット・フォー・ファミリーズ・プログラムは、学校の職員や保護者、生徒が医療従事者と深く協力し合うことで、交通事故犠牲者に接した彼らから、安全への重要なメッセージを得ることを目指している。クチ県とホクモン県の病院、チョー・レイ病院では、1万5000個以上のうちわが小学生の保護者や来場者(事故犠牲者やその家族)に配られた。

アボット社の広報責任者、ド・タイ・ヴオン氏は「ヘルメット・フォー・ファミリーズは、子供たちとその保護者、地域社会に焦点を当て、交通安全において持続可能な社会を創ることを目指している。それが、アボット社が交通安全教育や意識向上を目指す革新的なアプローチをサポートし続ける理由である」と話す。

こうした医療従事者との取り組みのほか、ヘルメット・フォー・ファミリーズでは、今年度およそ4000個のヘルメットを寄付。また、ヘルメット交換会には876人の保護者が参加し、補助金を活用して低品質のヘルメットを高品質のものに交換した。説明会では、ヘルメットの交換とともに、標準ヘルメットと標準以下のヘルメットの違いや、なぜヘルメットの着用が大切なのかについても指導した。

アボット社は2013年以来、2万1654個のヘルメットを子供や教師へ提供し、保護者に対しては1万4172個のヘルメットを補助金付きで提供している。

AIP財団のMirjam Sidik CEOは、「子供たちは、彼らの友達や家族が交通安全意識を高めるために重要な役割を果たしている」と指摘し、「このフェスティバルのようなクリエイティブな活動は、子供たちが、交通安全を面倒なことではなく、楽しいチャレンジとして捉えるのに役立っている」と続けた。

コメントする