卵と鶏肉で トレーサビリティを導入

0
10

ホーチミン市商工業局は2017年8月30日(水)、ヴィンタンダット(Vinh Thanh Dat)食品で、卵のトレーサビリティ実行状況を確認した。市は9月から、スーパーやコンビニといった近代流通(モダントレード)で販売される卵にトレーサビリティを導入しており、10月には家禽肉でも導入する。

市ではすでに1749の家禽肉・卵販売店が参加登録している。

(『Sai Gon Giai Phong』2017年8月31日、p.11)

解説
適正農業規範(GAP)や有機栽培の農産品が支持され、専門店も増えるなど食の安全に対しベトナム人消費者の求める水準が高まるなか、ホーチミン市が全国に先駆けて取り組んでいる食品のトレーサビリティ。2016年豚肉で導入が始まり、今年から卵、鶏肉と拡大しています。ほか各スーパーでは青果物などで導入例があります。
都市部では毎日の食材をスーパーで購入する人も多いようですが、例えば食肉に限ると、ベトナムで消費される食肉の75%は豚肉であり、この豚肉の83%は小規模な畜産農家で生産され、伝統的な市場(いちば)で販売されているという数字もあります。
豚肉では禁止薬物の使用や病気の豚を食用に解体する、野菜などでは中国産を「ダラット産」などとして販売するといった問題が現在もあります。こうした背景のなか、生産地から食卓までの流通経路を、管理当局はもちろん、消費者が把握できるようにしようという取り組みがこのトレーサビリティです。導入から間もない現在はまだ、消費者側の関心は薄く、そもそも「有名企業の商品なら安心、産地確認は不要」と考える人が多いようです。
コメントする

© https://vnexpress.net/tin-tuc/thoi-su/tp-hcm-tim-nguon-goc-thit-trung-ga-bang-smartphone-3650154.html

ホーチミン市商工業局は2017年8月30日(水)、ヴィンタンダット(Vinh Thanh Dat)食品で、卵のトレーサビリティ実行状況を確認した。市は9月から、スーパーやコンビニといった近代流通(モダントレード)で販売される卵にトレーサビリティを導入しており、10月には家禽肉でも導入する。

市ではすでに1749の家禽肉・卵販売店が参加登録している。

(『Sai Gon Giai Phong』2017年8月31日、p.11)

解説
適正農業規範(GAP)や有機栽培の農産品が支持され、専門店も増えるなど食の安全に対しベトナム人消費者の求める水準が高まるなか、ホーチミン市が全国に先駆けて取り組んでいる食品のトレーサビリティ。2016年豚肉で導入が始まり、今年から卵、鶏肉と拡大しています。ほか各スーパーでは青果物などで導入例があります。
都市部では毎日の食材をスーパーで購入する人も多いようですが、例えば食肉に限ると、ベトナムで消費される食肉の75%は豚肉であり、この豚肉の83%は小規模な畜産農家で生産され、伝統的な市場(いちば)で販売されているという数字もあります。
豚肉では禁止薬物の使用や病気の豚を食用に解体する、野菜などでは中国産を「ダラット産」などとして販売するといった問題が現在もあります。こうした背景のなか、生産地から食卓までの流通経路を、管理当局はもちろん、消費者が把握できるようにしようという取り組みがこのトレーサビリティです。導入から間もない現在はまだ、消費者側の関心は薄く、そもそも「有名企業の商品なら安心、産地確認は不要」と考える人が多いようです。
コメントする