空港セキュリティ強化、監視カメラ増設

0
14

ベトナム空港総公社(ACV)は、航空安全を脅かした一連の事件の後、安全性とセキュリティを確保するため、航空保安機器をはじめとする設備の改善に投資する。

2018年の投資総額は約7兆5,670億ドン(約3億4,395万ドル)で、セキュリティ・緊急用の設備、土地用の設備の購入に1兆5,230億ドン(約6,923万ドル)の予算を計上した。

イメージ: Quang Định

精神患者がゲアン省ヴィン空港に侵入し、ベトナム航空の飛行機に乗り込んだ事件の後、ベトナム航空は監視カメラのシステムを見直しを行い、特に地方空港でのカメラ不足が明らかになった。

ACVは更なる安全のため、多くの監視カメラを追加で設置する方向だ。

コメントする

© https://tuoitre.vn/chan-chinh-an-ninh-san-bay-20180307080716538.htm

ベトナム空港総公社(ACV)は、航空安全を脅かした一連の事件の後、安全性とセキュリティを確保するため、航空保安機器をはじめとする設備の改善に投資する。

2018年の投資総額は約7兆5,670億ドン(約3億4,395万ドル)で、セキュリティ・緊急用の設備、土地用の設備の購入に1兆5,230億ドン(約6,923万ドル)の予算を計上した。

イメージ: Quang Định

精神患者がゲアン省ヴィン空港に侵入し、ベトナム航空の飛行機に乗り込んだ事件の後、ベトナム航空は監視カメラのシステムを見直しを行い、特に地方空港でのカメラ不足が明らかになった。

ACVは更なる安全のため、多くの監視カメラを追加で設置する方向だ。

コメントする