グラブのウーバー買収に規定違反、競争局の調査で

0
14

シンガポールを本拠地として東南アジア各国でタクシー配車・予約サービスを展開するグラブ(Grab)が同業ウーバー(Uber)の東南アジア事業を買収したことに関連して、商工省傘下の消費者保護・競争局(VCA)は16日、予備調査の上で「規定違反があった」と結論付けた。

グラブはVCAへの報告で、ウーバー買収による2社合併後の市場シェアが30%未満になるとしているが、VCAが各協会と管轄機関からデータを収集・分析した結果、シェアは50%を上回り、競争法2004年版における業界の市場シェアに関する規定に触れていることが分かった。

VCAはこれを踏まえ、正式に調査を行った上で処分する構えを示した。また、ベトナム当局だけでなくフィリピンやシンガポール、マレーシアの東南アジア3か国の当局も調査に乗り出して

コメントする

© https://thanhnien.vn/kinh-doanh/grab-mua-lai-uber-vi-pham-luat-canh-tranh-tai-viet-nam-963321.html

シンガポールを本拠地として東南アジア各国でタクシー配車・予約サービスを展開するグラブ(Grab)が同業ウーバー(Uber)の東南アジア事業を買収したことに関連して、商工省傘下の消費者保護・競争局(VCA)は16日、予備調査の上で「規定違反があった」と結論付けた。

グラブはVCAへの報告で、ウーバー買収による2社合併後の市場シェアが30%未満になるとしているが、VCAが各協会と管轄機関からデータを収集・分析した結果、シェアは50%を上回り、競争法2004年版における業界の市場シェアに関する規定に触れていることが分かった。

VCAはこれを踏まえ、正式に調査を行った上で処分する構えを示した。また、ベトナム当局だけでなくフィリピンやシンガポール、マレーシアの東南アジア3か国の当局も調査に乗り出して

コメントする