ダラット産切り花の輸出が大幅増、対日輸出6割

0
8

南中部高原地方ラムドン省人民委員会によると、同省ダラット市の切り花の年間輸出量は約3億本で、同市の生産量全体の10%余りを占めている。この中で、海外直接投資(FDI)企業が大きな役割を果たしている。

切り花の輸出量は2013年から安定して増えているが、直近3年間では大幅な増加となっている。2015年から2017年の期間には、年間輸出量が+1800万~3000万本増加し、うち日本への輸出量が輸出量全体の60%を占めた。他の輸出先としては、オーストラリア、韓国、ベルギー、タイ、フィリピン、シンガポール、ロシア、カンボジアなどが挙げられる。

現在、ダラット市の花きの年間栽培面積は約9000haとなっている。向こう5年にわたって花き輸出量は年平均で+15%増の4億本となる見通し。ただし、花苗の知的財産保護問題が花き輸出成長の足枷になっているのが現状だ。

コメントする

© http://www.dalat-info.vn/vn/tin-tuc/mo-cua-xuat-khau-hoa-%C3%B0a-lat-37430.phtml

南中部高原地方ラムドン省人民委員会によると、同省ダラット市の切り花の年間輸出量は約3億本で、同市の生産量全体の10%余りを占めている。この中で、海外直接投資(FDI)企業が大きな役割を果たしている。

切り花の輸出量は2013年から安定して増えているが、直近3年間では大幅な増加となっている。2015年から2017年の期間には、年間輸出量が+1800万~3000万本増加し、うち日本への輸出量が輸出量全体の60%を占めた。他の輸出先としては、オーストラリア、韓国、ベルギー、タイ、フィリピン、シンガポール、ロシア、カンボジアなどが挙げられる。

現在、ダラット市の花きの年間栽培面積は約9000haとなっている。向こう5年にわたって花き輸出量は年平均で+15%増の4億本となる見通し。ただし、花苗の知的財産保護問題が花き輸出成長の足枷になっているのが現状だ。

コメントする