ベトナムのIPO市場、東南アジアで最も活発

0
25

米ブルームバーグ(Bloomberg)によると、2017年におけるベトナムの新規株式公開(IPO)市場の調達総額は60億USD(約6600億円)余りで、シンガポールやタイ、マレーシア、インドネシアを上回り、東南アジア地域で最も活発となった。

今年1-3月期のIPOによる調達資金は10億USD(約1100億円)だった。テクコムバンク[TCB](Techcombank)が4月にIPOを行い、9億2200万USD(約1000億円)を調達したが、このIPOは2017年10月に行われたビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンコムリテール[VRE](Vincom Retail)のIPOに次ぎ過去最大規模のIPOとなった。

この数年、企業各社のIPOや株式上場、政府資本売り出しが強化されている。投資家もベトナムの証券市場を楽観的に見ていることから、今後のIPOも投資家の関心を引き続き集めるものと見込まれている。

コメントする

© http://vtv.vn/kinh-te/viet-nam-thi-truong-ipo-soi-dong-nhat-dong-nam-a-20180507104802236.htm

米ブルームバーグ(Bloomberg)によると、2017年におけるベトナムの新規株式公開(IPO)市場の調達総額は60億USD(約6600億円)余りで、シンガポールやタイ、マレーシア、インドネシアを上回り、東南アジア地域で最も活発となった。

今年1-3月期のIPOによる調達資金は10億USD(約1100億円)だった。テクコムバンク[TCB](Techcombank)が4月にIPOを行い、9億2200万USD(約1000億円)を調達したが、このIPOは2017年10月に行われたビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンコムリテール[VRE](Vincom Retail)のIPOに次ぎ過去最大規模のIPOとなった。

この数年、企業各社のIPOや株式上場、政府資本売り出しが強化されている。投資家もベトナムの証券市場を楽観的に見ていることから、今後のIPOも投資家の関心を引き続き集めるものと見込まれている。

コメントする