【インド】ベトナム企業「モビスター」、インドに進出へ

0
13

ベトナム スマートフォンメーカーのモビスター(Mobiistar)の最高経営責任者(CEO)によると、同社は5月下旬にもインドに進出する。インドでは、現在、中国のオッポ(Oppo)、シャオミ(Xiaomi)、ビーボ(Vivo)が上位争いを繰り広げている。

モビスターはスマートフォン組立でインドのブイサン・テクノロジーズ(V-Sun Technologies)と提携をしている。1台当たりの販売価格は6000~1万ルピー(約9700~1万6200円)。主要な製品は自撮り用カメラを搭載した廉価版スマートフォンとなる。

まずはオンライン販売を開始し、その後実店舗へと販路を拡大する方針だ。さらに、サービス拠点は850か所設立し、将来的に1000か所まで拡大する計画だ。このほか、インドに海外事業の本社機能を移す予定だ。インドのほか、ドバイをはじめとする湾岸諸国協力会議(GCC)諸国に進出する計画もある。

コメントする

© This is source of the article

ベトナム スマートフォンメーカーのモビスター(Mobiistar)の最高経営責任者(CEO)によると、同社は5月下旬にもインドに進出する。インドでは、現在、中国のオッポ(Oppo)、シャオミ(Xiaomi)、ビーボ(Vivo)が上位争いを繰り広げている。

モビスターはスマートフォン組立でインドのブイサン・テクノロジーズ(V-Sun Technologies)と提携をしている。1台当たりの販売価格は6000~1万ルピー(約9700~1万6200円)。主要な製品は自撮り用カメラを搭載した廉価版スマートフォンとなる。

まずはオンライン販売を開始し、その後実店舗へと販路を拡大する方針だ。さらに、サービス拠点は850か所設立し、将来的に1000か所まで拡大する計画だ。このほか、インドに海外事業の本社機能を移す予定だ。インドのほか、ドバイをはじめとする湾岸諸国協力会議(GCC)諸国に進出する計画もある。

コメントする