【フーコック】日本無線 空港でレーダーシステムの実証実験

0
29

日本無線株式会社は、フーコック国際空港で日本で開発されたマルチラテレーションシステム(空港の航空機の位置を特定できるレーダーシステム)の実証実験を実施する。

同社はベトナムを訪問していた総務省の坂井学副大臣の立ち会いのもと、ハノイ市でベトナム航空管制総公社との間で合意文書の署名式が行われた。協力プログラムの実施期間は2018年から2019年までの2年間となる。

フーコック国際空港は、近年フライトの発着頻度およびフライト数の増加率が高い傾向にある。同システムの導入により、あらゆる気象条件での安全な飛行と運航能力の向上に貢献するものと期待が持たれている。

コメントする

© This is source of the article

日本無線株式会社は、フーコック国際空港で日本で開発されたマルチラテレーションシステム(空港の航空機の位置を特定できるレーダーシステム)の実証実験を実施する。

同社はベトナムを訪問していた総務省の坂井学副大臣の立ち会いのもと、ハノイ市でベトナム航空管制総公社との間で合意文書の署名式が行われた。協力プログラムの実施期間は2018年から2019年までの2年間となる。

フーコック国際空港は、近年フライトの発着頻度およびフライト数の増加率が高い傾向にある。同システムの導入により、あらゆる気象条件での安全な飛行と運航能力の向上に貢献するものと期待が持たれている。

コメントする