【銀行】ATM・POSの利用増加

0
15

ベトナム国家銀行(中央銀行)は、2017年自動預け払い機(ATM)とカード処理端末(POS)による取引額は前年比+34%増になったと発表した。

特にPOSは取引件数が40%増の約1億3600万件、取引額が27%増の318兆VND(約1兆5400億円)と大きく伸びた。一方、2017年1月から11月におけるATMによる現金引出率は6.9%に留まり、前年同期の15.7%から低下した。

この背景として、銀行各行が◇ATMおよびPOSの台数を増やしていること◇水道料金、電気料金、電話代などのオンライン決済を充実化させていること◇そして電子商取引(eコマース)が急成長を遂げていることなどがある。

2017年末におけるベトナム全土のATMは1万7558台、POSは26万8813台となっている。

コメントする

© This is source of the article

ベトナム国家銀行(中央銀行)は、2017年自動預け払い機(ATM)とカード処理端末(POS)による取引額は前年比+34%増になったと発表した。

特にPOSは取引件数が40%増の約1億3600万件、取引額が27%増の318兆VND(約1兆5400億円)と大きく伸びた。一方、2017年1月から11月におけるATMによる現金引出率は6.9%に留まり、前年同期の15.7%から低下した。

この背景として、銀行各行が◇ATMおよびPOSの台数を増やしていること◇水道料金、電気料金、電話代などのオンライン決済を充実化させていること◇そして電子商取引(eコマース)が急成長を遂げていることなどがある。

2017年末におけるベトナム全土のATMは1万7558台、POSは26万8813台となっている。

コメントする