ベトナム旅行場所 「パート2」

0
10

6.チョロン(中華街)

第6位にチョロン(中華街)がランクイン。「チョロン」はベトナム語で「大きな市場」という意味で、その言葉通り範囲が広く、周辺を歩くのもいいですが、遠めの目的地まで行くのであればタクシーがおすすめです。「ティエンハウ寺」や「チャータム教会」などの観光スポットがあります。

7.コンダオ島

神秘的な島として知られている「コンダオ島」が第7位。開発が遅れたため、多くの自然が残っていることから「ベトナム最後の楽園」とも言われています。ダイビングスポットとしても人気があり、「ジュゴン」を見られることでも有名です。

8.ダラット

ベトナム人の新婚旅行にも人気があるダラットが第8位。フランス植民地時代に避暑地として開発された地域で、西洋のヴィラ風の建物などが残っています。「スアフーン湖」や「ダラット市ガーデン」が見所ですが、外観がちょっと不思議な「クレイジーハウス」もおすすめです。

9.ブンタウ

第9位はベトナムの東南部に位置する「ブンタウ」がランクイン。近年開発が進んでいるリゾート地で、「バックビーチ」や「フロントビーチ」があります。山の頂上にはブンタウのシンボル的存在とも言えるキリスト像があり、内部に入ると肩のあたりが展望台になっています。内部に入るには服装のチェックがあるのでご注意ください。

10.サイゴン動植物園(Thao Cam Vien)

家族連れにおすすめの「サイゴン動植物園」が第10位。アジアの中でも古い動物園のひとつです。園内には、ベトナムの歴史を学ぶことができる「サイゴン国立博物館」や「フンブーン廟」もあります。

コメントする

© This is source of the article

6.チョロン(中華街)

第6位にチョロン(中華街)がランクイン。「チョロン」はベトナム語で「大きな市場」という意味で、その言葉通り範囲が広く、周辺を歩くのもいいですが、遠めの目的地まで行くのであればタクシーがおすすめです。「ティエンハウ寺」や「チャータム教会」などの観光スポットがあります。

7.コンダオ島

神秘的な島として知られている「コンダオ島」が第7位。開発が遅れたため、多くの自然が残っていることから「ベトナム最後の楽園」とも言われています。ダイビングスポットとしても人気があり、「ジュゴン」を見られることでも有名です。

8.ダラット

ベトナム人の新婚旅行にも人気があるダラットが第8位。フランス植民地時代に避暑地として開発された地域で、西洋のヴィラ風の建物などが残っています。「スアフーン湖」や「ダラット市ガーデン」が見所ですが、外観がちょっと不思議な「クレイジーハウス」もおすすめです。

9.ブンタウ

第9位はベトナムの東南部に位置する「ブンタウ」がランクイン。近年開発が進んでいるリゾート地で、「バックビーチ」や「フロントビーチ」があります。山の頂上にはブンタウのシンボル的存在とも言えるキリスト像があり、内部に入ると肩のあたりが展望台になっています。内部に入るには服装のチェックがあるのでご注意ください。

10.サイゴン動植物園(Thao Cam Vien)

家族連れにおすすめの「サイゴン動植物園」が第10位。アジアの中でも古い動物園のひとつです。園内には、ベトナムの歴史を学ぶことができる「サイゴン国立博物館」や「フンブーン廟」もあります。

コメントする