水力発電所の放流、 首相が商工業省に調査指示

0
10

2016年10月中旬の大雨で発生した北中部における洪水で、人命や財産に大きな被害が出た。水力発電所の放流が事前通知されなかったという指摘に首相は、問題のハーティン(Ha Tinh)省の水力発電所を含む各ダムの放流について調査し、責任の所在を明らかにするよう商工業省に指示した。

解説
ベトナムで多い自然災害は、台風、大雨、干ばつです。台風は毎年数個上陸し、主に北部や中部が被害を受けます。2016年8月に北部を襲った「ミリネ」は、もともとハイフォン市―クアンニン(Quang Ninh)省が予想進路でしたが、実際は少し南に進み、予報の正確性に対する批判も起きました。
ホーチミン市など南部では、主に9月から旧正月までに生じる「高潮」の問題があり、大雨と重なって毎年広い範囲で洪水になります。メコンデルタでは2016年初め、過去100年
で最悪とされる干ばつも起きました。この地域は中国に源を発するメコン川がもたらす豊潤な穀倉地帯ですが、その上流でのダム建設も大きな懸念事項です。
対策として直近では、政府は水や土地、海、気象、環境などの基本情報を収集し、災害や環境汚染を予想・防止する観測網の整備計画を策定、ホーチミン市も水門建設などを含む大規模な高潮対策に取り組んでいます。ベトナム社会・経済の今後の発展は「水」の問題への対応が鍵になると言えるかもしれません。
コメントする

© https://vnexpress.net/tin-tuc/thoi-su/bo-cong-thuong-dieu-tra-viec-xa-lu-cua-thuy-dien-ho-ho-3484551.html

2016年10月中旬の大雨で発生した北中部における洪水で、人命や財産に大きな被害が出た。水力発電所の放流が事前通知されなかったという指摘に首相は、問題のハーティン(Ha Tinh)省の水力発電所を含む各ダムの放流について調査し、責任の所在を明らかにするよう商工業省に指示した。

解説
ベトナムで多い自然災害は、台風、大雨、干ばつです。台風は毎年数個上陸し、主に北部や中部が被害を受けます。2016年8月に北部を襲った「ミリネ」は、もともとハイフォン市―クアンニン(Quang Ninh)省が予想進路でしたが、実際は少し南に進み、予報の正確性に対する批判も起きました。
ホーチミン市など南部では、主に9月から旧正月までに生じる「高潮」の問題があり、大雨と重なって毎年広い範囲で洪水になります。メコンデルタでは2016年初め、過去100年
で最悪とされる干ばつも起きました。この地域は中国に源を発するメコン川がもたらす豊潤な穀倉地帯ですが、その上流でのダム建設も大きな懸念事項です。
対策として直近では、政府は水や土地、海、気象、環境などの基本情報を収集し、災害や環境汚染を予想・防止する観測網の整備計画を策定、ホーチミン市も水門建設などを含む大規模な高潮対策に取り組んでいます。ベトナム社会・経済の今後の発展は「水」の問題への対応が鍵になると言えるかもしれません。
コメントする