ガソリン税の上昇は環境のためではない!

0
9

政府官庁の任命を受けて、財務省は、7月11日~13日に行われる予定の国会常任委員会第25回会合向けの環境関税草案の報告書を作成する予定である。通過されれば、ガソリンの新しい環境税は2018年10月から適用されるかもしれない。従って、ガソリン単独の環境税は4,000ドン/リットルとなる。私たちはなぜ環境にやさしいガソリンであるE5ガソリンでも環境税を支払わなければならないかと疑問する。それは、政府が環境の問題ではなく、実際に収益の問題を解決しているからである。 収益を相殺しなければならない根本原因を説明すると、副総裁は、支出は大きすぎるとしており、そのうち最大のものは幹部と公務員の給与である。「マシンを削減すると、収益を増やすという圧力は少なくなるだろうが、現時点では、公人を給与計算機から追い出すことは容易ではないので、長期的な措置を導入しながら関税の収入は収益を救済する短期的な装置だとみられる。」 公的債務の安全を確保し;WTO約束の下での優遇税率(20%)とガソリン輸入税(40%)間の差。ベトナムのガソリン価格が地域内や世界の多くの国よりも低い等の理由もガソリンに対する環境税の上昇を提案する頻繁な理由である。専門家には、上記の理由が完全に納得できないと主張する反対意見がが何回も出た。 ガソリンに対する環境税の上昇は、経済にマイナスの影響を与える。写真:HOANG TRIEU 公的債務の担保は、無駄な投資削減と厳しい債務管理を基にしなければならないため、国民のポケットマネーを利用し、その資金が目的通りに提供されることを保証することが出来ないものではない。また、WTOにおける優待税と関税約束の間の違いを補うという望みと同様に、環境税を増やす必要が本当に必ゆな場合、政府は優待税が受けられるソースからの輸入石油にのみ適用されることを明確にしなければならなく、WTO加盟国からの輸入ガソリンに「不公平な」関税を課すことを避けるべきである。 更に、ベトナムのガソリン価格が他国のガソリン価格より低いという理由だけで税金を引き上げるのは、一人当たりの所得、経済規模、鉱物の可能性などを他国と比較すれば、完全に不合理である。 野菜価格も増加 ガソリンにかかる環境税の提案の選択肢の導入を「夢中」にしている時に、財務省は、その価格の変動が消費心理、インフレ、企業の生産・運営費用等に大きな影響を及ぼす項目の一つであることを「忘れた」。統計総局、価格統計部の副部長Do thi Ngocが記者に公表するデータによると、国会常任委員会が政府の提案通りにガソリンの環境税の増加を許可した場合、CPIを0.27%~0.29%上昇させるようになる。危険なことに、課税の上昇につれるガソリン小売価格の上昇は、貨物運賃の上昇、他の商品の価格の上昇を招く。その時、4%のCPIを支配する余剰は非常に小さい。 労働新聞の記者との話に、Minh Thanh Phat有限会社(運送業)の社長であるDo Van Bang氏は、原油価格が11000~12000ドン/1リットルの時期から今のところ約18000ドン/1リットルまで輸送企業がチケットの価格を維持しなければならなかったので、増税は各企業を困難な状況に押し込むだろうと述べた。「そのような税金の課税は非常に恐ろしく、企業はより困難、二重の被害になる」とBang氏は心配している。 Bang氏によると、輸送事業では、通常燃料費(燃料)が総輸送売上高の35%~40%を占めている。したがって、ガソリンの環境税が増加すれば、大きく変動になるものである。 「各企業が費用を負担できなくなったとき、価格の引き上げを求めるだろう。承認されれば、輸送コストが増すにつれて野菜さえ増えなければならないため、消費者は不利になる」とBang氏は話した。 価格に関する最近の会議では、専門家と協会の代表がガソリンに対する環境税を上限で課さないことを提案している。なぜなら、ガソリンの環境保護税の引き上げは、最大な影響を受けるのが消費者だからである。

コメントする

© This is source of the article

政府官庁の任命を受けて、財務省は、7月11日~13日に行われる予定の国会常任委員会第25回会合向けの環境関税草案の報告書を作成する予定である。通過されれば、ガソリンの新しい環境税は2018年10月から適用されるかもしれない。従って、ガソリン単独の環境税は4,000ドン/リットルとなる。私たちはなぜ環境にやさしいガソリンであるE5ガソリンでも環境税を支払わなければならないかと疑問する。それは、政府が環境の問題ではなく、実際に収益の問題を解決しているからである。 収益を相殺しなければならない根本原因を説明すると、副総裁は、支出は大きすぎるとしており、そのうち最大のものは幹部と公務員の給与である。「マシンを削減すると、収益を増やすという圧力は少なくなるだろうが、現時点では、公人を給与計算機から追い出すことは容易ではないので、長期的な措置を導入しながら関税の収入は収益を救済する短期的な装置だとみられる。」 公的債務の安全を確保し;WTO約束の下での優遇税率(20%)とガソリン輸入税(40%)間の差。ベトナムのガソリン価格が地域内や世界の多くの国よりも低い等の理由もガソリンに対する環境税の上昇を提案する頻繁な理由である。専門家には、上記の理由が完全に納得できないと主張する反対意見がが何回も出た。 ガソリンに対する環境税の上昇は、経済にマイナスの影響を与える。写真:HOANG TRIEU 公的債務の担保は、無駄な投資削減と厳しい債務管理を基にしなければならないため、国民のポケットマネーを利用し、その資金が目的通りに提供されることを保証することが出来ないものではない。また、WTOにおける優待税と関税約束の間の違いを補うという望みと同様に、環境税を増やす必要が本当に必ゆな場合、政府は優待税が受けられるソースからの輸入石油にのみ適用されることを明確にしなければならなく、WTO加盟国からの輸入ガソリンに「不公平な」関税を課すことを避けるべきである。 更に、ベトナムのガソリン価格が他国のガソリン価格より低いという理由だけで税金を引き上げるのは、一人当たりの所得、経済規模、鉱物の可能性などを他国と比較すれば、完全に不合理である。 野菜価格も増加 ガソリンにかかる環境税の提案の選択肢の導入を「夢中」にしている時に、財務省は、その価格の変動が消費心理、インフレ、企業の生産・運営費用等に大きな影響を及ぼす項目の一つであることを「忘れた」。統計総局、価格統計部の副部長Do thi Ngocが記者に公表するデータによると、国会常任委員会が政府の提案通りにガソリンの環境税の増加を許可した場合、CPIを0.27%~0.29%上昇させるようになる。危険なことに、課税の上昇につれるガソリン小売価格の上昇は、貨物運賃の上昇、他の商品の価格の上昇を招く。その時、4%のCPIを支配する余剰は非常に小さい。 労働新聞の記者との話に、Minh Thanh Phat有限会社(運送業)の社長であるDo Van Bang氏は、原油価格が11000~12000ドン/1リットルの時期から今のところ約18000ドン/1リットルまで輸送企業がチケットの価格を維持しなければならなかったので、増税は各企業を困難な状況に押し込むだろうと述べた。「そのような税金の課税は非常に恐ろしく、企業はより困難、二重の被害になる」とBang氏は心配している。 Bang氏によると、輸送事業では、通常燃料費(燃料)が総輸送売上高の35%~40%を占めている。したがって、ガソリンの環境税が増加すれば、大きく変動になるものである。 「各企業が費用を負担できなくなったとき、価格の引き上げを求めるだろう。承認されれば、輸送コストが増すにつれて野菜さえ増えなければならないため、消費者は不利になる」とBang氏は話した。 価格に関する最近の会議では、専門家と協会の代表がガソリンに対する環境税を上限で課さないことを提案している。なぜなら、ガソリンの環境保護税の引き上げは、最大な影響を受けるのが消費者だからである。

コメントする