今年の後半期の経済:成長のための新たな勢いを加え続ける

0
10

上半期のGDP成長率は予測に近づき、8年ぶりの最高水準に達した。従って後半期には、経済はどのようなシナリオで進化するだろう? 政府に報告する際の2018年の成長シナリオを振り返って、Nguyen Chi Dung計画投資大臣は、最初の6ヶ月の経済成長の進化・結果は、同省が3月に政府に提出した成長シナリオに近いと述べた。 「第1四半期のGDPは7.45%上昇し、目標(7.38%)と比べて0.07%上回った。第2四半期は6.79%増加し、目標(6.83〜6.93%)と比べて0.04~0.14%下回った。6か月間で、それは目標(7.11~7.12%)より0.03~0.04%だけ低かった」とNguyen Chi Dung大臣は述べた。 今年の最初の6ヶ月間に、経済は予想に近づき、ルールに反していた。すなわち、前四半期より高い成長率を示したことではない。計画投資省によると、今年の後半期に、経済は次四半期は前四半期より低いという傾向で動いていく。 2017年の成長の主な要因は、製造業・加工業であり、当年の最後の2四半期にSamsung及びFormosaの画期的な貢献を受けた。重要なことに、2018年のGDP成長率は、予測されたシナリオと変わりなく、主要経済産業間の増減を調整するだけで、6.7%~6.8%になるだろう。 具体的に、目標シナリオと比較して農林水産業は0.26%増、工業・建設業は0.06~0.09%減、サービス業は0.04%減となった。計画投資省によると、今年の経済動向は「ポジティブ」であり、GDP成長率が世界の国々と比較して高く6.7~6.8%である。

コメントする

© This is source of the article

上半期のGDP成長率は予測に近づき、8年ぶりの最高水準に達した。従って後半期には、経済はどのようなシナリオで進化するだろう? 政府に報告する際の2018年の成長シナリオを振り返って、Nguyen Chi Dung計画投資大臣は、最初の6ヶ月の経済成長の進化・結果は、同省が3月に政府に提出した成長シナリオに近いと述べた。 「第1四半期のGDPは7.45%上昇し、目標(7.38%)と比べて0.07%上回った。第2四半期は6.79%増加し、目標(6.83〜6.93%)と比べて0.04~0.14%下回った。6か月間で、それは目標(7.11~7.12%)より0.03~0.04%だけ低かった」とNguyen Chi Dung大臣は述べた。 今年の最初の6ヶ月間に、経済は予想に近づき、ルールに反していた。すなわち、前四半期より高い成長率を示したことではない。計画投資省によると、今年の後半期に、経済は次四半期は前四半期より低いという傾向で動いていく。 2017年の成長の主な要因は、製造業・加工業であり、当年の最後の2四半期にSamsung及びFormosaの画期的な貢献を受けた。重要なことに、2018年のGDP成長率は、予測されたシナリオと変わりなく、主要経済産業間の増減を調整するだけで、6.7%~6.8%になるだろう。 具体的に、目標シナリオと比較して農林水産業は0.26%増、工業・建設業は0.06~0.09%減、サービス業は0.04%減となった。計画投資省によると、今年の経済動向は「ポジティブ」であり、GDP成長率が世界の国々と比較して高く6.7~6.8%である。

コメントする