インド・ベトナムは2020年に二国間貿易額を150億USDに拡大へ

0
14

インドのニューデリーで行われた10月24日会談で、ベトナムとインド政府は、農業や医療分野でのバイオテクノロジーに加え、リモートセンシング(遠隔測定)、クラウドコンピューティング及びその他の分野が、2020年に二国間貿易額を150億USD(約1兆7100億円)に増加させる動力となることを述べた。

同会談において、ベトナム・インド間のビジネスチャンス及び事業協力機会の他、ベトナムでのインド食品輸入促進を目的にしたIndusfoodフェアの推進仕方が焦点を当てられていた。

ベトナム税関総局によると、2018年1~7月期のベトナム・インドの両国間貿易額は63.6億USD(約7250億4千万円)に達したという。

コメントする

© This is source of the article

インドのニューデリーで行われた10月24日会談で、ベトナムとインド政府は、農業や医療分野でのバイオテクノロジーに加え、リモートセンシング(遠隔測定)、クラウドコンピューティング及びその他の分野が、2020年に二国間貿易額を150億USD(約1兆7100億円)に増加させる動力となることを述べた。

同会談において、ベトナム・インド間のビジネスチャンス及び事業協力機会の他、ベトナムでのインド食品輸入促進を目的にしたIndusfoodフェアの推進仕方が焦点を当てられていた。

ベトナム税関総局によると、2018年1~7月期のベトナム・インドの両国間貿易額は63.6億USD(約7250億4千万円)に達したという。

コメントする