日本の内閣は外国人労働者のためのより広い開放を提案する

0
12

安倍晋三首相の内閣総理大臣は、同国で不足している地域でより多くの外国人労働者を引きつける法案を可決した。

この改正案は、労働力不足の分野で働く外国人のための2つの新しいビザカテゴリーを作成する。

1つ目は、熟練労働者とある程度の日本語力で、5年まで滞在できますが、家族は同伴できない。

第2のタイプは、より熟練した労働者で、家族を連れて居住許可を得ることができます。

一方、現地メディアは、近い将来、日本人労働者の2%(120万人)から40%増の50万人を超える外国人労働者を受け入れると報じた。

日本の議会は、この10年間に労働者の数が「不足」になるなど、多くの企業が重いプレッシャーに直面しているため、この草案に緑色の光を当てるだろう。

コメントする

© This is source of the article

安倍晋三首相の内閣総理大臣は、同国で不足している地域でより多くの外国人労働者を引きつける法案を可決した。

この改正案は、労働力不足の分野で働く外国人のための2つの新しいビザカテゴリーを作成する。

1つ目は、熟練労働者とある程度の日本語力で、5年まで滞在できますが、家族は同伴できない。

第2のタイプは、より熟練した労働者で、家族を連れて居住許可を得ることができます。

一方、現地メディアは、近い将来、日本人労働者の2%(120万人)から40%増の50万人を超える外国人労働者を受け入れると報じた。

日本の議会は、この10年間に労働者の数が「不足」になるなど、多くの企業が重いプレッシャーに直面しているため、この草案に緑色の光を当てるだろう。

コメントする