ハノイ市は、排水渠で警報装置の設置に投資

0
18

ハノイ市はこのほど発生した自然災害の規模に相当する災害による人的被害がないことを2025年までの目標にしたという。

計画で、ハノイ市は、災害による新たな影響に適応するために、インフラ、防災施設、堤防、ダム等の安全確保と耐久性の向上や危険リスクが高い居住地における土砂崩れ、洪水の予防に取り組むことを請求した。

それに従って、常に浸水した排水渠100%では警報装置が設置され、災害が頻発している人口密集地域に住んでいる世帯100%は安全した居住地が確保されたという。

コメントする

© This is source of the article

ハノイ市はこのほど発生した自然災害の規模に相当する災害による人的被害がないことを2025年までの目標にしたという。

計画で、ハノイ市は、災害による新たな影響に適応するために、インフラ、防災施設、堤防、ダム等の安全確保と耐久性の向上や危険リスクが高い居住地における土砂崩れ、洪水の予防に取り組むことを請求した。

それに従って、常に浸水した排水渠100%では警報装置が設置され、災害が頻発している人口密集地域に住んでいる世帯100%は安全した居住地が確保されたという。

コメントする