ベトナム:日本に最大の海外投資国になるよう要望へ

0
89

11月22日午後、政府本部において、グエン・ズアン・フック首相は、住友三井フィナンシャルグループ(SMFG)の会長兼住友三井銀行(SMBC)の会長である宮田孝一氏との会談を行ったという。

ベトナムにおけるSMBCの事業拡大戦略を歓迎した首相は、ベトナム政府が、日本人投資家がベトナムで事業を展開している上で直面している問題や意見に常に耳を傾け、それらの問題の解決に取り組む姿勢を確認した。

首相は、日本がベトナムへの投資を強化し、ベトナムへの最大の外国投資国となることを望んでいると述べた。また首相は、SMBC銀行が投資したベトナムでの全てのプロジェクトは大規模で重要な案件であると示し、日本とベトナムパートナーに対する信用規模を増大させるようSMBCに求めたという。

コメントする

© This is source of the article

11月22日午後、政府本部において、グエン・ズアン・フック首相は、住友三井フィナンシャルグループ(SMFG)の会長兼住友三井銀行(SMBC)の会長である宮田孝一氏との会談を行ったという。

ベトナムにおけるSMBCの事業拡大戦略を歓迎した首相は、ベトナム政府が、日本人投資家がベトナムで事業を展開している上で直面している問題や意見に常に耳を傾け、それらの問題の解決に取り組む姿勢を確認した。

首相は、日本がベトナムへの投資を強化し、ベトナムへの最大の外国投資国となることを望んでいると述べた。また首相は、SMBC銀行が投資したベトナムでの全てのプロジェクトは大規模で重要な案件であると示し、日本とベトナムパートナーに対する信用規模を増大させるようSMBCに求めたという。

コメントする