ベトナムは日本銀行戦略における最も重要な国

0
292

11月23日午後、共産党中央委員会の本部において、中央経済委員会グエン・ヴァン・ビン会長は、住友三井フィナンシャルグループ(SMFG)の会長兼住友三井銀行(SMBC)の会長である宮田孝一氏との会談を行ったという。

席上、中央経済委員会ビン会長は、ベトナムを公式訪問している宮田孝一会長を熱い歓迎で迎え、経済協力関係をはじめ両国間の友好関係が続いていることを確認した。

中央経済委員会と協議できる機会に喜びを述べた宮田孝一会長によると、SMBC銀行は、アジア地域を中心とする新たな事業戦略に転換しており、その戦略の中でベトナムが最も重要な国として位置づけされていることが判明された。海外投資家、特に日本人投資家がベトナムへの投資に関心を持っているのが実情でSMBCはそれらの投資を支援することを保証した。

同日、中央委員会の本部で、中央経済委員会ビン会長も在ベトナムギリシャ共和国の特命全権大使を務めたIoannis E. Raptakis氏を歓迎し、打ち合わせをしたという。

コメントする

© This is source of the article

11月23日午後、共産党中央委員会の本部において、中央経済委員会グエン・ヴァン・ビン会長は、住友三井フィナンシャルグループ(SMFG)の会長兼住友三井銀行(SMBC)の会長である宮田孝一氏との会談を行ったという。

席上、中央経済委員会ビン会長は、ベトナムを公式訪問している宮田孝一会長を熱い歓迎で迎え、経済協力関係をはじめ両国間の友好関係が続いていることを確認した。

中央経済委員会と協議できる機会に喜びを述べた宮田孝一会長によると、SMBC銀行は、アジア地域を中心とする新たな事業戦略に転換しており、その戦略の中でベトナムが最も重要な国として位置づけされていることが判明された。海外投資家、特に日本人投資家がベトナムへの投資に関心を持っているのが実情でSMBCはそれらの投資を支援することを保証した。

同日、中央委員会の本部で、中央経済委員会ビン会長も在ベトナムギリシャ共和国の特命全権大使を務めたIoannis E. Raptakis氏を歓迎し、打ち合わせをしたという。

コメントする