ベトナムは日本の銀行の戦略において最も重要な国

0
208

11月23日の午後は、党中央委員会の本部で、、政治局および党中央委員会の書記と中央経済委員会長を兼任しているグエン・ヴァン・ビン氏は、三井住友フィナンシャルグループの社長(SMFG)と三井住友銀行(SMBC)の頭取を兼任している宮田 孝一氏と出会いました。

中央経済委員会との協力の喜びを表明した宮田 孝一氏は、SMBCは、ベトナムが最も重要なアジア国を中心して、新たな戦略を進めていると述べました。多くの外国人投資家、特に日本の投資家がベトナムに投資しているので、SMBCはこれらの投資を支援する予定です。

中央経済委員会委員長は、SMBCが長期的な運営を続け、ベトナムとの協力関係を深め、経験を共有し、ベトナムと経済における銀行システムの発展に貢献することを望んでいます。

コメントする

© This is source of the article

11月23日の午後は、党中央委員会の本部で、、政治局および党中央委員会の書記と中央経済委員会長を兼任しているグエン・ヴァン・ビン氏は、三井住友フィナンシャルグループの社長(SMFG)と三井住友銀行(SMBC)の頭取を兼任している宮田 孝一氏と出会いました。

中央経済委員会との協力の喜びを表明した宮田 孝一氏は、SMBCは、ベトナムが最も重要なアジア国を中心して、新たな戦略を進めていると述べました。多くの外国人投資家、特に日本の投資家がベトナムに投資しているので、SMBCはこれらの投資を支援する予定です。

中央経済委員会委員長は、SMBCが長期的な運営を続け、ベトナムとの協力関係を深め、経験を共有し、ベトナムと経済における銀行システムの発展に貢献することを望んでいます。

コメントする