ベトナム製品のASEANへの輸出:有望な市場

0
232

ASEAN(東南アジア)はアジアでベトナムの最も重要な貿易相手地域の一つであり、中国に次ぐ2位。これはベトナム輸出業者にとって非常に潜在的な市場である。

ASEAN市場への輸出を促進するには、需要品目や取扱品・業種に関わる具体的な基準等を調査した上で最適な生産戦略を策定する際に企業の自主的な姿勢がカギ。特に、企業はターゲット市場進出する上で高品質で適切な商品を選定する必要がある。「ベトナム企業は米輸出量を誇るタイに米輸出ができないに対し、フィリピンとインドネシアなら可能。繊維縫製業も、ベトナムがほぼ競争相手がないASEAN市場への輸出を強化する必要があると考えられる。

専門家によると、ASEAN市場へのベトナム製品の輸出金額増加に向け、各企業はパケージ改善や品種多様化、食品安全基準をはじめとする非関税障壁により注意を払うことで商品の競争力の向上に取り組む。同時に、ブランディング戦略を策定し、商品の配分及び独自の販路開拓が上手で評判の良い地元の問屋と連携することも求められる。

コメントする

© This is source of the article

ASEAN(東南アジア)はアジアでベトナムの最も重要な貿易相手地域の一つであり、中国に次ぐ2位。これはベトナム輸出業者にとって非常に潜在的な市場である。

ASEAN市場への輸出を促進するには、需要品目や取扱品・業種に関わる具体的な基準等を調査した上で最適な生産戦略を策定する際に企業の自主的な姿勢がカギ。特に、企業はターゲット市場進出する上で高品質で適切な商品を選定する必要がある。「ベトナム企業は米輸出量を誇るタイに米輸出ができないに対し、フィリピンとインドネシアなら可能。繊維縫製業も、ベトナムがほぼ競争相手がないASEAN市場への輸出を強化する必要があると考えられる。

専門家によると、ASEAN市場へのベトナム製品の輸出金額増加に向け、各企業はパケージ改善や品種多様化、食品安全基準をはじめとする非関税障壁により注意を払うことで商品の競争力の向上に取り組む。同時に、ブランディング戦略を策定し、商品の配分及び独自の販路開拓が上手で評判の良い地元の問屋と連携することも求められる。

コメントする