米国シェアオフィス:ベトナム進出直後、人気を博す

0
177

2018年12月にベトナムに進出したところ、世界有数のシェアオフィス企業で、米国でも3番目に大きいベンチャー企業のWeWork社は、いくつかの大手企業によって、本社拠点として選ばれたことから注目を集めている。

東南アジア地域WeWorkのTurochas “T” Fuad専務理事は、ホーチミン市にある最初の拠点が、Christina’s社(オンラインからオフラインまでのプラットフォーム上に観光体験のエコシステム提供)、シンガポールKeppelグループの子会社であるUrbanFox社(オムニチャンネルの物流及びチャンネル管理のソリューション提供)及びビングループの子会社であるVingroup Venturesによって本社として選択されたことを確認した。

ベトナムにおけるWeWorkの最初のシェアオフィスはホーチミン市4区に立地するA級のオフィスビルの4階にある。総表面積は5,000平米、中に1,100テーブルが設置され、1,000人を収納できる見通し。事業展開の3ヶ月未満で引きつけした大手企業の名前を明らかにしたが、Turochas “T” Fuad氏は現時点の具体的な空室率を明確にしない。IT分野の会社がシェアスペース3分の1を占めている。

コメントする

© This is source of the article

2018年12月にベトナムに進出したところ、世界有数のシェアオフィス企業で、米国でも3番目に大きいベンチャー企業のWeWork社は、いくつかの大手企業によって、本社拠点として選ばれたことから注目を集めている。

東南アジア地域WeWorkのTurochas “T” Fuad専務理事は、ホーチミン市にある最初の拠点が、Christina’s社(オンラインからオフラインまでのプラットフォーム上に観光体験のエコシステム提供)、シンガポールKeppelグループの子会社であるUrbanFox社(オムニチャンネルの物流及びチャンネル管理のソリューション提供)及びビングループの子会社であるVingroup Venturesによって本社として選択されたことを確認した。

ベトナムにおけるWeWorkの最初のシェアオフィスはホーチミン市4区に立地するA級のオフィスビルの4階にある。総表面積は5,000平米、中に1,100テーブルが設置され、1,000人を収納できる見通し。事業展開の3ヶ月未満で引きつけした大手企業の名前を明らかにしたが、Turochas “T” Fuad氏は現時点の具体的な空室率を明確にしない。IT分野の会社がシェアスペース3分の1を占めている。

コメントする