ベトナムへのフランス系企業の投資事業を拡大

0
308

4月1日にフランスの上院本部で、グエン・ティ・キム・ガン国会議長及びベトナム上級国会代表団は、仏・越友好議員連盟とフランス大手企業15社の代表者と共に朝食をして、協議を行った。

ガン国会議長によると、今回のフランス訪問は、ベトナム・フランス間の戦略的パートナーシップ及びベトナム国会・フランス議会間の協力関係の更なる深化・促進を目的にして、経済・貿易投資を中心となる両国間の全般的な協力の強化に貢献すると考えらえる。

協議において、エア・リキードやトータル等の複数のフランス大手企業は、再生可能エネルギーをはじめエネルギー分野におけるベトナムの潜在性を高く評価した。その他、航空インフラ整備、物流、医薬品、医療、卸市場の建設、安全食品の販売等の分野も企業の注目を受けた。

 

 

コメントする

© This is source of the article

4月1日にフランスの上院本部で、グエン・ティ・キム・ガン国会議長及びベトナム上級国会代表団は、仏・越友好議員連盟とフランス大手企業15社の代表者と共に朝食をして、協議を行った。

ガン国会議長によると、今回のフランス訪問は、ベトナム・フランス間の戦略的パートナーシップ及びベトナム国会・フランス議会間の協力関係の更なる深化・促進を目的にして、経済・貿易投資を中心となる両国間の全般的な協力の強化に貢献すると考えらえる。

協議において、エア・リキードやトータル等の複数のフランス大手企業は、再生可能エネルギーをはじめエネルギー分野におけるベトナムの潜在性を高く評価した。その他、航空インフラ整備、物流、医薬品、医療、卸市場の建設、安全食品の販売等の分野も企業の注目を受けた。

 

 

コメントする