ホーチミン市建設用地・マンション市場の動向

0
17

市場動向についての最新レポートによると、ここ数ヶ月で建設用地市場をはじめ不動産市場全体における新規供給量は、市場の加熱の抑制で減少する傾向にあるという。それは、ホーチミン市郊外地域の土地市場に対し投資家達の関心を取り戻したと考えられている。

以前、殆どの投資家は土地使用権証明書が発行されない土地を転売目的で買収し、買取と売出価格の格差で利益を収めた従来の方式に対し、現在、リスク回避のために証明書がある土地のみを買うようになった。しかし、きちんと使用権証明書がある土地の供給量が少なくなってきたのが現状である。それを把握した上で、多くの投資家はホーチミン市郊外地域の土地価格上昇が、2018年11月や12月ごろ起こると予測した。しかし、この上昇は許容範囲内で抑えられ、急変がない見通し。

コメントする

© This is source of the article

市場動向についての最新レポートによると、ここ数ヶ月で建設用地市場をはじめ不動産市場全体における新規供給量は、市場の加熱の抑制で減少する傾向にあるという。それは、ホーチミン市郊外地域の土地市場に対し投資家達の関心を取り戻したと考えられている。

以前、殆どの投資家は土地使用権証明書が発行されない土地を転売目的で買収し、買取と売出価格の格差で利益を収めた従来の方式に対し、現在、リスク回避のために証明書がある土地のみを買うようになった。しかし、きちんと使用権証明書がある土地の供給量が少なくなってきたのが現状である。それを把握した上で、多くの投資家はホーチミン市郊外地域の土地価格上昇が、2018年11月や12月ごろ起こると予測した。しかし、この上昇は許容範囲内で抑えられ、急変がない見通し。

コメントする