グリーンランドグループ:第3四半期の純利益が318億VNDに達成し、前年同期比で24%増

0
23

2018年第3四半期の終わりに、地場系グリーンランドグループ(DXG)は売上高が約1兆2890億VND(約63億円)、税比後利益が7%低下した。具体的に2018年1~9月の累計によると同社の売上高が、前年同期比で93%増の3兆2360VND(約159億円)で、税引後利益が1兆190億VND(約50億円)に達したという。

DXGの成長経路に沿って今年の第4四半期で、同社は引き続き7区とトゥドゥック区での投資案件と合わせて、北部、中部、南部、東南部、西南部地域内のセカンダリー投資案件から残りの収入の利益を収める予定。

またDXGによると、同社はSunview Garden(面積:1,7ha)、Opal Boularward (1,5ha)の二つのプロジェクト買収を通じて面積が約3,2haのホーチミン市内のマンション建設向けの新規開拓地を取得し、所有の開拓地総面積を974haに拡張させたという。

コメントする

© This is source of the article

2018年第3四半期の終わりに、地場系グリーンランドグループ(DXG)は売上高が約1兆2890億VND(約63億円)、税比後利益が7%低下した。具体的に2018年1~9月の累計によると同社の売上高が、前年同期比で93%増の3兆2360VND(約159億円)で、税引後利益が1兆190億VND(約50億円)に達したという。

DXGの成長経路に沿って今年の第4四半期で、同社は引き続き7区とトゥドゥック区での投資案件と合わせて、北部、中部、南部、東南部、西南部地域内のセカンダリー投資案件から残りの収入の利益を収める予定。

またDXGによると、同社はSunview Garden(面積:1,7ha)、Opal Boularward (1,5ha)の二つのプロジェクト買収を通じて面積が約3,2haのホーチミン市内のマンション建設向けの新規開拓地を取得し、所有の開拓地総面積を974haに拡張させたという。

コメントする