ベトナム:日本の最大海老サプライヤーとなる

0
17

ベトナム水産物輸出加工協会(VASEP)によると、ベトナムは依然として日本の最大海老サプライヤーであり、ベトナムからの海老輸入額が日本の海老輸入総額の25.7%も占めているとう。

ベトナムは、日本での他の競合相手より優位性を持っているため、日本への海老輸出市場で首位を維持していると考えられている。2008年12月1日から発効したASEAN・日本間自由貿易協定(AJCEP)と、2009年10月1月有効となったベトナム・日本二国間自由貿易協定(VJEPA)は、日本の輸入関税の引き下げでベトナムから日本への海産物輸出事業の成長に繋がってきた。AJCEP協定が2009年に発効し次第、エビ類の商品は関税0%を享受した品目となった。

VASEPは、日本が常に商品の品質を第一としている市場とみなされており、現地業者はこの市場シェアを維持するために品質を重要な要素として捉えなければならないと述べた。

コメントする

© This is source of the article

ベトナム水産物輸出加工協会(VASEP)によると、ベトナムは依然として日本の最大海老サプライヤーであり、ベトナムからの海老輸入額が日本の海老輸入総額の25.7%も占めているとう。

ベトナムは、日本での他の競合相手より優位性を持っているため、日本への海老輸出市場で首位を維持していると考えられている。2008年12月1日から発効したASEAN・日本間自由貿易協定(AJCEP)と、2009年10月1月有効となったベトナム・日本二国間自由貿易協定(VJEPA)は、日本の輸入関税の引き下げでベトナムから日本への海産物輸出事業の成長に繋がってきた。AJCEP協定が2009年に発効し次第、エビ類の商品は関税0%を享受した品目となった。

VASEPは、日本が常に商品の品質を第一としている市場とみなされており、現地業者はこの市場シェアを維持するために品質を重要な要素として捉えなければならないと述べた。

コメントする