米中貿易は永続緊張、ベトナム2018年第3四半期のGDP 6.9%成長

0
12

区域市場勢いと共に、ベトナム経済の成長は2018年第3四半期に6.9%増、2018年の第1,2,3四半期比7%増加した。工業・建設業、サービス業 、特に卸・高売業、交通運輸業、財務・銀行業、教育業、健康管理業は重要素としてGDP成長を推進している。

そこで、2018年1-9月期にて、工業・建設業だけで8.9%増であり、サービス業が 6.89%増であり、9.1%及び6.9%の前の成長と比較すると わずかに低いにみられた。生産活動は+12.7%で維持しており、13%の前年同期比で減少している。

それに、農業は2.8%の2017年の第1,2,3四半期比3.7%増加した。UOBのグローバル経済・市場研究によると、大幅経済成長より、2018年にてベトナムのGDP成長は6.8%の前比で6.9%を増えた。

この推定値は-6.7%のベトナム政府の目的より高いにみられる。それに、2018年1-8月期にて、外国投資家は244億ドル相当の株式を購入し、資金を出し合った。その中、生産・製造業は107億ドルの総登録資本金と比較するとFDI資金を一番多く公募し、全市場の総投資額の44%を占める。

次は不動産業は59億ドル(24%)で、卸・小売業が19億ドル(8%)である。通貨政策に対する、ベトナム国家銀行(NNHN)は年末まで6.25%の再融資金利で安定維持見込み。現在の標準レートと共に、通貨政策は経済拡大に有利な条件をつくる。

 

コメントする

© This is source of the article

区域市場勢いと共に、ベトナム経済の成長は2018年第3四半期に6.9%増、2018年の第1,2,3四半期比7%増加した。工業・建設業、サービス業 、特に卸・高売業、交通運輸業、財務・銀行業、教育業、健康管理業は重要素としてGDP成長を推進している。

そこで、2018年1-9月期にて、工業・建設業だけで8.9%増であり、サービス業が 6.89%増であり、9.1%及び6.9%の前の成長と比較すると わずかに低いにみられた。生産活動は+12.7%で維持しており、13%の前年同期比で減少している。

それに、農業は2.8%の2017年の第1,2,3四半期比3.7%増加した。UOBのグローバル経済・市場研究によると、大幅経済成長より、2018年にてベトナムのGDP成長は6.8%の前比で6.9%を増えた。

この推定値は-6.7%のベトナム政府の目的より高いにみられる。それに、2018年1-8月期にて、外国投資家は244億ドル相当の株式を購入し、資金を出し合った。その中、生産・製造業は107億ドルの総登録資本金と比較するとFDI資金を一番多く公募し、全市場の総投資額の44%を占める。

次は不動産業は59億ドル(24%)で、卸・小売業が19億ドル(8%)である。通貨政策に対する、ベトナム国家銀行(NNHN)は年末まで6.25%の再融資金利で安定維持見込み。現在の標準レートと共に、通貨政策は経済拡大に有利な条件をつくる。

 

コメントする