フーイエン省での工業団地の魅力

0
11

南中部沿岸地方フーイエン省は、同省の経済構造を純農業地域から工業・観光・サービス業の地域に段階的に変更してきた。この目標を達成するために、同省において面積数千haの工業団地は既に設置されており、インフラ整備へ投資は行われ、プロジェクト誘致に繋がっていくことが期待されている。

現在、同省は、集中工業団地の建設計画を立案しており、数百件の投資案件を誘致してきた。その中、投資案件はホア・ヒエップ1(Hoa Hiep 1)、ホア・ヒエップ2(Hoa Hiep 2)、アンフー(An Phu)、ドンバック・ソンカウ1(Dong Bac Song Cau 1)、ドンバック・ソンカウ2(Dong Bac Song Cau 2)工業団地を中心に集まってきたという。

フーイエン経済特区管理委員会が、各工業団地の特有業界や分野に相応しい投資案件を促進・誘致することに有利な条件の一つは、同省人民委員会が、2030年に向けて2020年までのフーイエン省工業開発計画の調整を承認したことであると考えられている。

コメントする

© This is source of the article

南中部沿岸地方フーイエン省は、同省の経済構造を純農業地域から工業・観光・サービス業の地域に段階的に変更してきた。この目標を達成するために、同省において面積数千haの工業団地は既に設置されており、インフラ整備へ投資は行われ、プロジェクト誘致に繋がっていくことが期待されている。

現在、同省は、集中工業団地の建設計画を立案しており、数百件の投資案件を誘致してきた。その中、投資案件はホア・ヒエップ1(Hoa Hiep 1)、ホア・ヒエップ2(Hoa Hiep 2)、アンフー(An Phu)、ドンバック・ソンカウ1(Dong Bac Song Cau 1)、ドンバック・ソンカウ2(Dong Bac Song Cau 2)工業団地を中心に集まってきたという。

フーイエン経済特区管理委員会が、各工業団地の特有業界や分野に相応しい投資案件を促進・誘致することに有利な条件の一つは、同省人民委員会が、2030年に向けて2020年までのフーイエン省工業開発計画の調整を承認したことであると考えられている。

コメントする