ベトナム:フランス企業にとって魅力的な投資先

0
13

ベトナムは、印象的な経済成長を遂げており、フランス企業にとって魅力的なビジネス投資先となってきた。

ベトナムは、東南アジア地域及び世界と広範な接続性を有する市場である。ベトナムの都市化が急速に進んでおり、国内の小売店システムでの購入力も急増している。ベトナムの消費者は、教育・飲食・健康・美容等のサービスにより多くのお金を使う傾向である。それらの理由でフランスをはじめ多くの外国企業・グループがベトナムを理想的な投資先として選択するようになった。

しかし、ベトナム・フランス企業間の連携・協力がより効果的に行われるようにフランス企業側は、双方が技術移転に関わる革新的なプログラムをより推進する必要があるという考えを明らかにした。

一方で、ベトナム側は、投資誘致政策の改善と、安全性・透明性のある法的枠組みの構築、都市・交通・インフラ案件を実施するための二国間又は両国の企業間の協力活動に有利な条件を作り出すことが求められている。

コメントする

© This is source of the article

ベトナムは、印象的な経済成長を遂げており、フランス企業にとって魅力的なビジネス投資先となってきた。

ベトナムは、東南アジア地域及び世界と広範な接続性を有する市場である。ベトナムの都市化が急速に進んでおり、国内の小売店システムでの購入力も急増している。ベトナムの消費者は、教育・飲食・健康・美容等のサービスにより多くのお金を使う傾向である。それらの理由でフランスをはじめ多くの外国企業・グループがベトナムを理想的な投資先として選択するようになった。

しかし、ベトナム・フランス企業間の連携・協力がより効果的に行われるようにフランス企業側は、双方が技術移転に関わる革新的なプログラムをより推進する必要があるという考えを明らかにした。

一方で、ベトナム側は、投資誘致政策の改善と、安全性・透明性のある法的枠組みの構築、都市・交通・インフラ案件を実施するための二国間又は両国の企業間の協力活動に有利な条件を作り出すことが求められている。

コメントする