FPTはシュナイダーエレクトリックと協力し、企業の効率的なエネルギー管理を図り

0
15

ベトナム最大手IT企業であるFPTグループは、EcoStruxureテクノロジプラットフォームの開発・展開により第4次産業革命のデジタル化を推進するために、フランスに本社を置く世界的な重電メーカーであるSchneider Electric(シュナイダーエレクトリック)と戦略的パートナーシップ協定に調印した。この調印式には、フランス共和国のエドゥアール・フィリップ首相とベトナムのグエン・ズァン・フック首相が参加していた。

この戦略的パートナーシップ協定において、FPTとSchneider Electricは、ホーチミン市・9区でのF-Town 3オフィス複合施設の電気システム全体の構築・運営・管理に、100万USD(約1億1400万円)の価格で EcoStruxureプラットフォームの導入を共同で検討する内容が言及され、F-Town 3をベトナムで初のインテリジェントビルにすることを図っている。

コメントする

© This is source of the article

ベトナム最大手IT企業であるFPTグループは、EcoStruxureテクノロジプラットフォームの開発・展開により第4次産業革命のデジタル化を推進するために、フランスに本社を置く世界的な重電メーカーであるSchneider Electric(シュナイダーエレクトリック)と戦略的パートナーシップ協定に調印した。この調印式には、フランス共和国のエドゥアール・フィリップ首相とベトナムのグエン・ズァン・フック首相が参加していた。

この戦略的パートナーシップ協定において、FPTとSchneider Electricは、ホーチミン市・9区でのF-Town 3オフィス複合施設の電気システム全体の構築・運営・管理に、100万USD(約1億1400万円)の価格で EcoStruxureプラットフォームの導入を共同で検討する内容が言及され、F-Town 3をベトナムで初のインテリジェントビルにすることを図っている。

コメントする