南北高速鉄道案件への民間投資の誘致を提案

0
10

12日午前、交通運輸省は、南北高速鉄道案件の予備的な実現可能性調査の結果についての期末報告会を開催した。同案件は、PADECO – FUKKEN – YACHIO – ERNST&YOUNGの協業体制のサポートの下でTEDI – TRICC – TEDISouthからなる諮問会によって立ち上げられたという。

計画によれば、交通運輸省は、2018年11月以内に同プロジェクトの予備的な実現可能性調査の報告を完成させ、2018年12月~2019年4月に国家審査委員会の審査を受け、2019年5月~2019年7月、権限のある当局各部に報告、2019年8月前述の報告を完成し政府に提出、2019年8月、政府に国会へ提出してもらい、2019年10月国会の承認を取得する予定。選んだ投資形態は(国がインフラ整備に、投資家が列車購入に投入する)PPP方式(官民連携)だ。

国会に批准同意を受けた場合、2020年~2025年に実現可能性調査、技術設計、土地収用作業の準備を実施する予定。2026年に着工、2023年に試験的稼働区分を含む路線の優先区分を本格的に開通し、2035年から残りの区分の建設を引き続き実施、2050年に全線での工事完了を目指している。

コメントする

© This is source of the article

12日午前、交通運輸省は、南北高速鉄道案件の予備的な実現可能性調査の結果についての期末報告会を開催した。同案件は、PADECO – FUKKEN – YACHIO – ERNST&YOUNGの協業体制のサポートの下でTEDI – TRICC – TEDISouthからなる諮問会によって立ち上げられたという。

計画によれば、交通運輸省は、2018年11月以内に同プロジェクトの予備的な実現可能性調査の報告を完成させ、2018年12月~2019年4月に国家審査委員会の審査を受け、2019年5月~2019年7月、権限のある当局各部に報告、2019年8月前述の報告を完成し政府に提出、2019年8月、政府に国会へ提出してもらい、2019年10月国会の承認を取得する予定。選んだ投資形態は(国がインフラ整備に、投資家が列車購入に投入する)PPP方式(官民連携)だ。

国会に批准同意を受けた場合、2020年~2025年に実現可能性調査、技術設計、土地収用作業の準備を実施する予定。2026年に着工、2023年に試験的稼働区分を含む路線の優先区分を本格的に開通し、2035年から残りの区分の建設を引き続き実施、2050年に全線での工事完了を目指している。

コメントする