オーストラリアはダクノン省のコーヒーと胡椒開発をサポート

0
17

11月22日、タイグエン地域の農林技術研究所の代表団とオーストラリア国際農業研究センターの科学者は、中部高原南西部地方ダクノン省人民委員会と協力して、胡椒とコーヒーの持続可能な発展に向けて、ダクノン省をサポートするプロジェクト計画の立案のために、同地域での農業開発計画・戦略、コーヒーと胡椒の生産現状と開発方向性について協議したという。

農業農村開発省と締結した協力覚書によると、オーストラリア国際農業研究センターは、ダクノン省をはじめ、タイグエン地域各省に対しバリューチェーンに従い持続可能なコーヒー、胡椒開発のプロジェクトを行い、経済的・社会的・環境的な効果の向上を図っている。

同プロジェクトは、コーヒーや胡椒のバリューチェーン向上に向け、高品質及び高効率化を実現した生産ラインに従う一貫した統合技術の開発、生産・加工・販売の連携モデル構築、人材資源開発の3つの目的達成を目指している。実施期間は10年間である。

コメントする

© This is source of the article

11月22日、タイグエン地域の農林技術研究所の代表団とオーストラリア国際農業研究センターの科学者は、中部高原南西部地方ダクノン省人民委員会と協力して、胡椒とコーヒーの持続可能な発展に向けて、ダクノン省をサポートするプロジェクト計画の立案のために、同地域での農業開発計画・戦略、コーヒーと胡椒の生産現状と開発方向性について協議したという。

農業農村開発省と締結した協力覚書によると、オーストラリア国際農業研究センターは、ダクノン省をはじめ、タイグエン地域各省に対しバリューチェーンに従い持続可能なコーヒー、胡椒開発のプロジェクトを行い、経済的・社会的・環境的な効果の向上を図っている。

同プロジェクトは、コーヒーや胡椒のバリューチェーン向上に向け、高品質及び高効率化を実現した生産ラインに従う一貫した統合技術の開発、生産・加工・販売の連携モデル構築、人材資源開発の3つの目的達成を目指している。実施期間は10年間である。

コメントする