ドイツ・ベトナム企業間のビジネス連携

0
255

11月26日、ハノイ中小企業協会(Hanoisme)、建設応用研究所(IBA)、ドイツ機械工業連盟(VDMA)は、セミナーを開催し、建設分野における最新技術を紹介した。

セミナーで、ドイツの専門家は、鉱業や選鉱工程に適した加工ソリューションと、顧客ごとにカスタマイズしたデザインを導入できる各先端技術、振動技術、洗練前の乾燥技術、最先端の破砕技術等を紹介した。

Hanoismeマック・クオク・アイン副会長兼書記長によると、総額30~50億USDの設備輸入の需要を持っているベトナムは、外国企業にとって潜在性の非常に高い市場であるという。ドイツ機械工業連盟は、工業界で最も影響力のある有数の団体の一つであり、セメントや化学物質業界における重要な中小企業200社の会員をも持っている。複数のドイツの先進技術と工場モデルはベトナムで導入することが可能で、ベトナム企業の発展に繋がっていく。

コメントする

© This is source of the article

11月26日、ハノイ中小企業協会(Hanoisme)、建設応用研究所(IBA)、ドイツ機械工業連盟(VDMA)は、セミナーを開催し、建設分野における最新技術を紹介した。

セミナーで、ドイツの専門家は、鉱業や選鉱工程に適した加工ソリューションと、顧客ごとにカスタマイズしたデザインを導入できる各先端技術、振動技術、洗練前の乾燥技術、最先端の破砕技術等を紹介した。

Hanoismeマック・クオク・アイン副会長兼書記長によると、総額30~50億USDの設備輸入の需要を持っているベトナムは、外国企業にとって潜在性の非常に高い市場であるという。ドイツ機械工業連盟は、工業界で最も影響力のある有数の団体の一つであり、セメントや化学物質業界における重要な中小企業200社の会員をも持っている。複数のドイツの先進技術と工場モデルはベトナムで導入することが可能で、ベトナム企業の発展に繋がっていく。

コメントする