ベトナム:食品安全問題で年間7億USDを損失

0
220

ベトナムは、消費者の健康に悪影響を与える食品安全の問題により年間7億USD(約770億円)を損失しているという。上述の情報は、世界銀行グループの一員であるIFCによって、ホーチミン市で11月28日と29日の二日間にわたり行われた「第7回国際食品安全フォーラム」で公開されたものである。

11月28日と29日の二日間にわたり開催されていた「第7回国際食品安全フォーラム」では、世界の食品業界の専門家が、なぜ企業が食品安全に関する基準及び慣行を導入する必要であるか議論していた。

「食品がより安全に、業績がより良く」をテーマにした同フォーラムにおいて、食品安全への投資経験や食品安全文化の構築等も取上げられた。

今回のフォーラムはベトナムで初めて開催されるものである。ベトナムは食品業の毎年平均成長率が15%であり、アジア大洋地域で成長率の高い市場の一つである。

しかし、食品安全基準の欠如が同業の持続可能な発展を妨げ、国内の食品メーカーの市場機会を減らし、消費者の健康に悪影響をもたらすことが懸念されている。

 

コメントする

© This is source of the article

ベトナムは、消費者の健康に悪影響を与える食品安全の問題により年間7億USD(約770億円)を損失しているという。上述の情報は、世界銀行グループの一員であるIFCによって、ホーチミン市で11月28日と29日の二日間にわたり行われた「第7回国際食品安全フォーラム」で公開されたものである。

11月28日と29日の二日間にわたり開催されていた「第7回国際食品安全フォーラム」では、世界の食品業界の専門家が、なぜ企業が食品安全に関する基準及び慣行を導入する必要であるか議論していた。

「食品がより安全に、業績がより良く」をテーマにした同フォーラムにおいて、食品安全への投資経験や食品安全文化の構築等も取上げられた。

今回のフォーラムはベトナムで初めて開催されるものである。ベトナムは食品業の毎年平均成長率が15%であり、アジア大洋地域で成長率の高い市場の一つである。

しかし、食品安全基準の欠如が同業の持続可能な発展を妨げ、国内の食品メーカーの市場機会を減らし、消費者の健康に悪影響をもたらすことが懸念されている。

 

コメントする