日本の合併企業はラベルプリンター販売で売上高が年間数兆VNDに

0
33

株式会社キングジムベトナム(本社:ベンカット、ビンズオン省)は2019年以内に投資資本金を2000万USD(約22億円)増資することを予定しており、輸出強化、事業展開拡大及び売上高成長率の増加を図っている。

急増した投資資本金は生産拡大と輸出強化を実現するために必要な設備機械・技術の更新と人的資源活用の需要に当てるものだ。その中、日本はもとより海外でも最も成功したブランドの一つである「テプラ」ラベルプリンターという同社の主力製品の開拓に焦点を当てる。

また、クリアフォルダー、マウススキャナー、名刺スキャナー、電子、電子ノート等を含む文房具事業において好調な成長を見せている。

キングジム社の代表者は、ベトナム市場を好評しており、現地で生産活動を更に促進していく意向を確認した。ベトナムが日本の重要な投資貿易パートナーであるからと話した。

日本で90年を超えた実績をあげた同社のベトナムにおける事業展開強化は増資にとどまらず、ハイテク技術上の経験の交換で協力を促進し、両国間の戦略関係の格上げを目指している。それは2020年両国間貿易額が600億USDになる目標に向けて両国間の貿易促進に寄与していくと考えられている。

コメントする

© This is source of the article

株式会社キングジムベトナム(本社:ベンカット、ビンズオン省)は2019年以内に投資資本金を2000万USD(約22億円)増資することを予定しており、輸出強化、事業展開拡大及び売上高成長率の増加を図っている。

急増した投資資本金は生産拡大と輸出強化を実現するために必要な設備機械・技術の更新と人的資源活用の需要に当てるものだ。その中、日本はもとより海外でも最も成功したブランドの一つである「テプラ」ラベルプリンターという同社の主力製品の開拓に焦点を当てる。

また、クリアフォルダー、マウススキャナー、名刺スキャナー、電子、電子ノート等を含む文房具事業において好調な成長を見せている。

キングジム社の代表者は、ベトナム市場を好評しており、現地で生産活動を更に促進していく意向を確認した。ベトナムが日本の重要な投資貿易パートナーであるからと話した。

日本で90年を超えた実績をあげた同社のベトナムにおける事業展開強化は増資にとどまらず、ハイテク技術上の経験の交換で協力を促進し、両国間の戦略関係の格上げを目指している。それは2020年両国間貿易額が600億USDになる目標に向けて両国間の貿易促進に寄与していくと考えられている。

コメントする