食品加工業促進で野菜輸出に画期的な変化をもたらす

0
212

農業農村開発省によると、2018年11ヵ月のベトナム野菜輸出総額が35億USD(約3850億円)に達し、前年同期比で11.6%増加したという。

現在、ベトナム農産物輸出は、食品安全と動植物検疫といった2つの最も重要な技術的バリアに直面している。食品安全では、化学物質制御が生産工程において非常に重要である。各輸出国の食品安全に対する要求が高まっている中、それはベトナムの農産物の輸出を妨げる障壁であると考えられる。

ベトナムは多くの自由貿易協定に参加してきたが、The Fruit Republic社のJeroen Pasman輸出経営課長によると、輸出市場開拓には、ベトナムが交渉しなければならい技術的なバリアが多々見える。それらの技術的な障壁によって、ベトナムのバナナが未だにフィリピンへ、ココナツが中国へ、多くの野菜と果物が日本へ輸出されていない。それらの障壁を乗り越えるためにベトナムが交渉を継続するべきと述べた。

Jeroen Pasman氏は、農家による農薬使用が輸出基準を満たせるかどうかが最大の課題であると話した。各企業と当局はベトナム農産物に適切な生産基準を策定することが求められる。

植物保護局グエン・ズアン・ホン元局長は、食品加工業への多面的な投資がベトナム農産物の市場問題を解決する鍵であると述べた。問題解決ができる限り、ベトナムは2025年野菜の輸出額が100億USD(約1兆1千億円)の目標を達成できる見込。

コメントする

© This is source of the article

農業農村開発省によると、2018年11ヵ月のベトナム野菜輸出総額が35億USD(約3850億円)に達し、前年同期比で11.6%増加したという。

現在、ベトナム農産物輸出は、食品安全と動植物検疫といった2つの最も重要な技術的バリアに直面している。食品安全では、化学物質制御が生産工程において非常に重要である。各輸出国の食品安全に対する要求が高まっている中、それはベトナムの農産物の輸出を妨げる障壁であると考えられる。

ベトナムは多くの自由貿易協定に参加してきたが、The Fruit Republic社のJeroen Pasman輸出経営課長によると、輸出市場開拓には、ベトナムが交渉しなければならい技術的なバリアが多々見える。それらの技術的な障壁によって、ベトナムのバナナが未だにフィリピンへ、ココナツが中国へ、多くの野菜と果物が日本へ輸出されていない。それらの障壁を乗り越えるためにベトナムが交渉を継続するべきと述べた。

Jeroen Pasman氏は、農家による農薬使用が輸出基準を満たせるかどうかが最大の課題であると話した。各企業と当局はベトナム農産物に適切な生産基準を策定することが求められる。

植物保護局グエン・ズアン・ホン元局長は、食品加工業への多面的な投資がベトナム農産物の市場問題を解決する鍵であると述べた。問題解決ができる限り、ベトナムは2025年野菜の輸出額が100億USD(約1兆1千億円)の目標を達成できる見込。

コメントする