ホーチミン市は、6つの巨大な地下調節池の建設に約5000億VNDを支出

0
138

ホーチミン市人民委員会トラン・ビン・トゥエン副会長は、2019年1月より日本技術が導入される6つの地下調節池の建設を着工すると述べた。それらの調整池が雨水排水量の調整と洪水による損害削減を目的にする。

6つの地下調整池と1つの地上調整池からなる7つの調整池体制は、11月に洪水防止対策センターがホーチミン市人民委員会に提案した案件であり、総投資額がおよそ4750億VND(約23億円)に上る見込み。

それらの池は日本のCross-wave技術が導入される予定。使用建材は耐久性の高く、組立作業が簡単で、細狭い地区でも設置できる、最大容量が90%まで及ぶ、環境に優しいポリプロピレンである。

建設専門家は、各調整池の建設が同時に竣工できる場合、雨水貯留容量が数千万m3に上がり、同市の洪水の30%を軽減できると予測している。

コメントする

© This is source of the article

ホーチミン市人民委員会トラン・ビン・トゥエン副会長は、2019年1月より日本技術が導入される6つの地下調節池の建設を着工すると述べた。それらの調整池が雨水排水量の調整と洪水による損害削減を目的にする。

6つの地下調整池と1つの地上調整池からなる7つの調整池体制は、11月に洪水防止対策センターがホーチミン市人民委員会に提案した案件であり、総投資額がおよそ4750億VND(約23億円)に上る見込み。

それらの池は日本のCross-wave技術が導入される予定。使用建材は耐久性の高く、組立作業が簡単で、細狭い地区でも設置できる、最大容量が90%まで及ぶ、環境に優しいポリプロピレンである。

建設専門家は、各調整池の建設が同時に竣工できる場合、雨水貯留容量が数千万m3に上がり、同市の洪水の30%を軽減できると予測している。

コメントする