車業界の繁忙期:各メーカーはプロモーションを実施

0
165

年末の自動車販売の繁忙期に合わせて、多くの自動車メーカーは様々なプロモーション活動を実施し顧客誘致を図っている。その中、割引をするメーカーがいるのに対し、付属品おまけ付きや付属品の割引を活用するメーカーもいる。

メーカー間のプロモーション競争が激しくなってきたが、多くの専門家はそれらのプロモーションの割引レベルが未だ控えめだと指摘した。原因が古い自動車モデルがもはや入手できなくなったと考えられる。

さらに、割引対象となった自動車が殆ど売上目標より低かったため、価格を引き下げることによって売り上げを増価させる。また、販売売上高が高い自動車は、年末に企業の業績の改善のために引き上げられることもある。

ホンダ CRV、トヨタフォーチュナー(Toyota Fortuner)等の人気を誇る自動車と輸入車は、3月から(ホンだの場合)又は7月から(トヨタの場合)全く引き下げられないのが現状。さらに、年末ごろ需要が高まってきたため、人気度の高い自動車は代理店が値上げたり、新車を早期に受け取るために買い手に販売価格より高い金額を請求したりすることが、消費者の意見によって明らかになった。

コメントする

© This is source of the article

年末の自動車販売の繁忙期に合わせて、多くの自動車メーカーは様々なプロモーション活動を実施し顧客誘致を図っている。その中、割引をするメーカーがいるのに対し、付属品おまけ付きや付属品の割引を活用するメーカーもいる。

メーカー間のプロモーション競争が激しくなってきたが、多くの専門家はそれらのプロモーションの割引レベルが未だ控えめだと指摘した。原因が古い自動車モデルがもはや入手できなくなったと考えられる。

さらに、割引対象となった自動車が殆ど売上目標より低かったため、価格を引き下げることによって売り上げを増価させる。また、販売売上高が高い自動車は、年末に企業の業績の改善のために引き上げられることもある。

ホンダ CRV、トヨタフォーチュナー(Toyota Fortuner)等の人気を誇る自動車と輸入車は、3月から(ホンだの場合)又は7月から(トヨタの場合)全く引き下げられないのが現状。さらに、年末ごろ需要が高まってきたため、人気度の高い自動車は代理店が値上げたり、新車を早期に受け取るために買い手に販売価格より高い金額を請求したりすることが、消費者の意見によって明らかになった。

コメントする