ドンナイ省は1億USDのインスタントコーヒー工場を開設

0
42

12月8日、ティン・ギア(ドンナイ省)インスタントコーヒー生産工場が正式開業された。投資家によると、第1段階の投資金が3000万USD超(約33億円)、インスタントコーヒーと煎り挽きコーヒーの総生産力が3,200トン見通し、2019年に5,000トン、2021年に10,000トンに達し、総投資額が1億USD(約110億円)になると期待される。同社の商品が国内消費に加え、北米、欧州やアジア太平洋地域の数か国に輸入される予定。

ベトナム・ココア・コーヒー協会グエン・ハイ・ナム常務副会長によると、現在、コーヒーが全国のGDP(国内総生産)の2%で中央高原地方タイ・グエン各省のGDPの30%も占めており、直接かつ間接的に2百万人の雇用を創出しているという。

また、ハイ氏は、2020年までにベトナムのインスタントコーヒーと煎り挽きコーヒーの割合が全国の輸出量の25%、年間輸出金額が38億~42億USD(約4兆1800億円~約4兆6200億円)に及ぶと予想する。

コメントする

© This is source of the article

12月8日、ティン・ギア(ドンナイ省)インスタントコーヒー生産工場が正式開業された。投資家によると、第1段階の投資金が3000万USD超(約33億円)、インスタントコーヒーと煎り挽きコーヒーの総生産力が3,200トン見通し、2019年に5,000トン、2021年に10,000トンに達し、総投資額が1億USD(約110億円)になると期待される。同社の商品が国内消費に加え、北米、欧州やアジア太平洋地域の数か国に輸入される予定。

ベトナム・ココア・コーヒー協会グエン・ハイ・ナム常務副会長によると、現在、コーヒーが全国のGDP(国内総生産)の2%で中央高原地方タイ・グエン各省のGDPの30%も占めており、直接かつ間接的に2百万人の雇用を創出しているという。

また、ハイ氏は、2020年までにベトナムのインスタントコーヒーと煎り挽きコーヒーの割合が全国の輸出量の25%、年間輸出金額が38億~42億USD(約4兆1800億円~約4兆6200億円)に及ぶと予想する。

コメントする