ホーチミン市:商品市場の安定化に向け連携を促進

0
102

今年初めから、ホーチミン市の必需品の価格変動は比較的に安定しており、商品不足や価格高騰がなかった。同市の消費者物価指数(CPI)は全国平均指数より低い。2018年の4つの市場安定化プログラムに参加する企業数が90社だった。

長年にわたる参加企業数や企業の品質の増加に基づき、市場安定化のための商品プライチェーンは販売者、生産者、農場等の間に密接な繋がりを設立した。

特に、市場の変動に合わせて、2018年と2019年旧正月、ホーチミン市の市場安定化プログラムは、必需品や食料品の価格が相場にある同じ規格や品質を持つものより少なくとも5~10%低いようにすることを目標として設定した。その目標の実現に向けて、ホーチミン市財務庁は関係省庁と連携して、商品の適切な価格を定期的に更新、調整している。

コメントする

© This is source of the article

今年初めから、ホーチミン市の必需品の価格変動は比較的に安定しており、商品不足や価格高騰がなかった。同市の消費者物価指数(CPI)は全国平均指数より低い。2018年の4つの市場安定化プログラムに参加する企業数が90社だった。

長年にわたる参加企業数や企業の品質の増加に基づき、市場安定化のための商品プライチェーンは販売者、生産者、農場等の間に密接な繋がりを設立した。

特に、市場の変動に合わせて、2018年と2019年旧正月、ホーチミン市の市場安定化プログラムは、必需品や食料品の価格が相場にある同じ規格や品質を持つものより少なくとも5~10%低いようにすることを目標として設定した。その目標の実現に向けて、ホーチミン市財務庁は関係省庁と連携して、商品の適切な価格を定期的に更新、調整している。

コメントする