ヤマハモーターは約1億5千万USDをグラブに投資

0
289

現代(Hyundai)、起亜(KIA)、トヨタ等に次ぎ、ヤマハモーターは配車サービスを手掛けているグラブ(Grab)の戦略的パートナーとなる。

12月13日ヤマハモーターとグラブは、インドネシア市場を中心とした東南アジアにおけるバイク配車分野における戦略的な関係設立の契約締結を発表した。それによってヤマハモーターは1億5千万USDを投資する。

同契約によると、ヤマハモーターとグラブは、革新的なソリューションの導入で次世代の運送サービス開発を目指すことに同意したという。そのなか、グラブはバイク運転の際の安全確保にヤマハモーターの技術やノウハウを活用して、それによってグラブの加盟運転手がより自信をもって安全に運転し、高まる顧客の配車ニーズに対応できる。その見返りに、ヤマハモーターは、東南アジアでのグラブの顧客基盤と、配車分野でグラブの配車予約のノウハウを将来の商品開発に活かしていくことを目標に設定した。

今年の始まりから、グラブは連続で世界中の多くの大手企業から投資を受けてきた。11月初旬に、現代(Hyundai)と起亜(KIA)が2億5千万USDの投資を受ける前に、ソフトバンク、マイクロソフト、トヨタ等だった。

今月初旬にCNNの取材に対し、グラブの会長によると、2018年末に同社が総額30億USD資金を投じられる見通し。今年始まりから12月4日までは27億USDの資金を集めてきた。現在、同社が東南アジア8か国の235都市で事業を行い、加盟運転手が800万人以上にのぼったという。

コメントする

© This is source of the article

現代(Hyundai)、起亜(KIA)、トヨタ等に次ぎ、ヤマハモーターは配車サービスを手掛けているグラブ(Grab)の戦略的パートナーとなる。

12月13日ヤマハモーターとグラブは、インドネシア市場を中心とした東南アジアにおけるバイク配車分野における戦略的な関係設立の契約締結を発表した。それによってヤマハモーターは1億5千万USDを投資する。

同契約によると、ヤマハモーターとグラブは、革新的なソリューションの導入で次世代の運送サービス開発を目指すことに同意したという。そのなか、グラブはバイク運転の際の安全確保にヤマハモーターの技術やノウハウを活用して、それによってグラブの加盟運転手がより自信をもって安全に運転し、高まる顧客の配車ニーズに対応できる。その見返りに、ヤマハモーターは、東南アジアでのグラブの顧客基盤と、配車分野でグラブの配車予約のノウハウを将来の商品開発に活かしていくことを目標に設定した。

今年の始まりから、グラブは連続で世界中の多くの大手企業から投資を受けてきた。11月初旬に、現代(Hyundai)と起亜(KIA)が2億5千万USDの投資を受ける前に、ソフトバンク、マイクロソフト、トヨタ等だった。

今月初旬にCNNの取材に対し、グラブの会長によると、2018年末に同社が総額30億USD資金を投じられる見通し。今年始まりから12月4日までは27億USDの資金を集めてきた。現在、同社が東南アジア8か国の235都市で事業を行い、加盟運転手が800万人以上にのぼったという。

コメントする