日本の商品がベトナム市場に参入

0
453

最近、日本貿易振興機構(JETRO)は、「Good Goods Japan 2018」というビジネスマッチングプログラムを企画し、子ども用品、台所用品家電、化粧品、文具…などを生産する企業が参加しました。

それに、ホーチミン市ではベトナムの88企業もJETROのビジネスマッチングプログラムに参加し、369経済交渉が開始され、様々な両国間のビジネス協力協定が締結された。ハノイで行われたイベントにベトナムの160企業が参加し、527経済交渉が開始された。このイベントで締結した契約の価値は何千億に達する可能性がある。

ベトナムでは日本生まれの製品やサービスなどが根付いている。現在、ベトナムには約1,800の日本企業が活動している。専門家の評価によると、日本企業の優位性は競争力があるが、課題は価格が高いである。それで、商品の価格を下げるために、日本企業はベトナムに投資し、商品を生産する傾向がある。

ベトナム国会で承認された自由貿易協定(CPTPP)により、両国の企業に対してこれがベトナムで日本からの製品の消費を大きく変える勢いだとみられる。

コメントする

© This is source of the article

最近、日本貿易振興機構(JETRO)は、「Good Goods Japan 2018」というビジネスマッチングプログラムを企画し、子ども用品、台所用品家電、化粧品、文具…などを生産する企業が参加しました。

それに、ホーチミン市ではベトナムの88企業もJETROのビジネスマッチングプログラムに参加し、369経済交渉が開始され、様々な両国間のビジネス協力協定が締結された。ハノイで行われたイベントにベトナムの160企業が参加し、527経済交渉が開始された。このイベントで締結した契約の価値は何千億に達する可能性がある。

ベトナムでは日本生まれの製品やサービスなどが根付いている。現在、ベトナムには約1,800の日本企業が活動している。専門家の評価によると、日本企業の優位性は競争力があるが、課題は価格が高いである。それで、商品の価格を下げるために、日本企業はベトナムに投資し、商品を生産する傾向がある。

ベトナム国会で承認された自由貿易協定(CPTPP)により、両国の企業に対してこれがベトナムで日本からの製品の消費を大きく変える勢いだとみられる。

コメントする