ベトナム食品ブランドの創設:企業はまだ誤った認識

0
324

ベトナム食品業界は将来性が非常に高い、農産物の輸出金額を増価させる役割を担い、全国の輸出金額の中に大きな割合を占め、数年連続で増加してきた。

しかし、外国の消費者にベトナム食品ブランドの知名度が未だ高くはないのが現状。なぜなら、ベトナムは殆ど仲介経由で輸出している又は未加工の状態で製品を輸出してきた。それは、ベトナム食品の低い追加価値と地位に繋がった要因として考えられる。

12月18日午後にビジネスフォーラム誌が行った「ベトナム食品ブランド創設:政策と現実の視点」のオンライン会合で、上記の問題をめぐり、多くの専門家、経営者、企業は意見を交換し、相談を行った。

計画省知的財産局の研究・訓練・支援・コンサルティングセンター副所長レー・タット・チエン氏によると、同センターが今後下記の目標実現に注力することで管理業務を強化していく方針:企業に特許登録・ブランド保護をサポート、輸出向けの国産製品の保護に注力、保護対象となる製品のトレーサビリティ、品質、原産地のラベル、偽造防止シール等を確保、知財管理ツール使用の支援及び自社ブランドをはじめ自社商標の効果的な使用の保障を行い、各企業に商標管理業務をサポートする姿勢を整える。

コメントする

© This is source of the article

ベトナム食品業界は将来性が非常に高い、農産物の輸出金額を増価させる役割を担い、全国の輸出金額の中に大きな割合を占め、数年連続で増加してきた。

しかし、外国の消費者にベトナム食品ブランドの知名度が未だ高くはないのが現状。なぜなら、ベトナムは殆ど仲介経由で輸出している又は未加工の状態で製品を輸出してきた。それは、ベトナム食品の低い追加価値と地位に繋がった要因として考えられる。

12月18日午後にビジネスフォーラム誌が行った「ベトナム食品ブランド創設:政策と現実の視点」のオンライン会合で、上記の問題をめぐり、多くの専門家、経営者、企業は意見を交換し、相談を行った。

計画省知的財産局の研究・訓練・支援・コンサルティングセンター副所長レー・タット・チエン氏によると、同センターが今後下記の目標実現に注力することで管理業務を強化していく方針:企業に特許登録・ブランド保護をサポート、輸出向けの国産製品の保護に注力、保護対象となる製品のトレーサビリティ、品質、原産地のラベル、偽造防止シール等を確保、知財管理ツール使用の支援及び自社ブランドをはじめ自社商標の効果的な使用の保障を行い、各企業に商標管理業務をサポートする姿勢を整える。

コメントする